Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

タグ:メンフィス

メンフィス•スリム•コラボラトリー (Memphis Slim House Collaboratory)  主催のソング•ライティングセミナーに参加しました。パリで活躍したブルースピアニスト、メンフィス•スリムの生家を改装し、メンフィス音楽コミュニティのために作られた場所はレコーディングスペース提供のほか、メンフィス音楽業界活性化のため様々な活動をしています。

今回のセミナーは、作詞作曲についてで、数々の世界的ヒット曲を作ったブルース•スダーノ(Bruce Sudano)が、至近距離で自らの経験に基づいて、作曲、作詞について語ってくれました。ディスコ•クイーンとして世界に知られる歌手、ドナ•サマー(Donna Summer)のご主人です。

DSC02178

自身もミュージシャンとして活躍していましたが、ドナ•サマーと出会って結婚し、家庭を守る夫であり父であることを選んで作曲作詞活動に専念。ドナ•サマーの'Bad Girls'や'MacArther Park'など、ディスコ音楽で旋風を巻き起こしたヒット曲の数々を作った人です。

ヒット曲が生まれるに至った経験をとても率直な言葉で語ってくれました。
そして、音楽業界を乗り越えてきた、たたき上げの音楽人のストーリーで、作曲より作詞で有名なブルースさんは、話す口調からも真摯で前向き、思いやりがある人となりが感じられます。

DSC02179

ドナ•サマーのマネージャーを20年以上勤めた影の立役者ですが、彼女が数年前に亡くなってから音楽活動を開始、会場で新曲を披露してくれました。

作曲より作詞が有名なブルースの新曲にも、たくさんの思いが込められて聴く人の心を打つものがありました。思いを込めて作る曲がヒット曲になっていくのもわかる気がしました。

DSC02181

セミナー会場に着いた時、参加者一人一人と握手をして、目を見つめて話すのにびっくりしました。

質問にはとても一生懸命答えてくれて、参加者は皆元気づけられ、笑顔で帰りました。
私は、自分で作曲するのでなく、作曲された曲がどう世の中に出て行くのかを知りたくて参加。経験者が生の体験を生の声で話すのを聞けてよかったです。

「本当に思うこと」の大切さを感じたひと時でした。


ゴスペルといえば世界的にアル・グリーン(Al Green)。

その世界の頂点ゴスペルミュージックをメンフィスでは教会の日曜日のミサで聴く事ができます。

メンフィスの伝説レコーディングスタジオ、ロイヤルスタジオでレコーディングして世に出たアル・グリーンは、グラミー賞を11回受賞し、ケネディセンター功労賞なども受賞した人ですが、その本人が、牧師としてゴスペルを歌い、説教もするミサには、世界中からその歌声を聴きにたくさんの人びとがやってきます。


DSC03459

時々いないこともあると聞いていましたが、私が出かけたこの前の日曜日には、アル・グリーン牧師がいました。

他のゴスペル教会も行ったことがありますが、説話と歌が半々くらいのところもあれば、説話が長いところなどいろいろ。さて、ここは、どうなのかな?と思いつつ、ミサが始まりました。

最初にバンド演奏とゴスペル合唱団による歌で会場が盛り上がります。

そこへ、アル・グリーンが登場し、説話が始まりました。
でも、説話は、あっという間に終わり、アル・グリーンのすばらしい歌声が教会に響きます。

これは、マイクに向って歌っている写真です。

ファルセットのきいた美しい歌声が教会のすみずみまで響き渡り、とても感動しました。

DSC03463

エルビス・プレスリーの家、グレースランドの近くの教会は、緑の多い住宅地の中にあります。

フランス、ドイツ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、カナダなど世界からはるばるやってきた人たちがたくさん来ていました。アメリカ人もはるばる各地から駆けつけていました。

日本人は、私と友人の二人だけで、アジア人も私たちだけでした。


DSC03460

ゴスペルの歌と説教の合間にアル・グリーン自ら人々の間をまわり、「どこから来たの?」と声をかけてくれます。
私たちにも、「日本からよく来たね!」とそばに来て声をかけてくれました。

さすが世界中をわかせてきたシンガーは一挙一動が人々の心を惹き付けます。

約2時間半の歌とお話のミサは、たくさん歌があってあっという間でした。

どこの教会に行っても献金はありますが、ここも例にもれず終わりが近づくと封筒が配られ、それにお金を入れて献金します。来た人たちが列となり、アル・グリーンの前においてある献金皿に封筒をのせていきます。

すばらしい歌声と明るく元気なお話に感動させてもらったお礼をおいてくるという雰囲気でしょうか。



こちらで、アル・グリーンの教会の様子をお楽しみください。

YouTubeにいろいろな画像があがっていますが、私がいた日の雰囲気に一番近いものです。

こんな感じでアル・グリーンがずーっとたくさん歌ってくれました。

メンフィスでゴスペルを経験したい人には、絶対にお勧めです。
アル・グリーン自らのゴスペルを体験できるのは世界でここだけです。

Full Gospel Tabernacle Church


Full Gospel Tabernacle Church by Al Green
  • 787 Hale Rd Whitehaven
  • Get Directions (地図)
  • Phone number(901) 396-9192
     











 

↑このページのトップヘ