Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

カテゴリ: 音楽

ニューヨークで行われたジャズ•コネクト会議に出席しました。

4月にドイツのブレーメンで行われたジャズアヘッド会議に続いてジャズ関係者の会議はこれが二度目。
今回はアーティストの双子とそのマネージャーとして親子で出席。

1月5,6日の二日間にわたって開催された会議は、ジャズを長年サポートしてきたことで有名なニューヨークのセント•ピーターズ教会を会場に、数百人のジャズ関係者で活気にあふれました。


IMG_2274IMG_2281

初日のキーノート•スピーカー(基調演説)は、グラミー賞アーティスト、マリア•シュナイダー(Maria Schneider)。ジャズの現状について熱く語りました。
また、ジャズ功労者に与えられるBruce Lundvail Visionary Awardの受賞者は、ベーシストのクリスチャン•マクブライド(Christian McBride)でした。


DSC00780DSC00744


二日間朝から夕方まで様々なセミナー、パネルディスカッションがあり、業界の第一線で働いている人たちが生の話をし、意見を交換します。

レコーディング会社の実態と今後、ソーシャルネットワークを使って発進するビジネスについてなど、議題は様々。多様に変化する社会にジャズ界も対応して新しいビジネスの形を模索しているのがわかりました。

DSC00794DSC00796

一日目、二日目ともに締めくくりは、ネットワークレセプション。
名刺交換をしてネットワークが広がります。
日本人も数人発見。
今後の協力を約束し会いました。
写真右の真ん中の背が高い男性は主催者のリーさんです。ジャズ雑誌JazzTimesの発行人です。


DSC00788DSC00793

今年のパートナー国はイスラエル。
イスラエルのジャズ状況についてのセミナーの後は、イスラエルからやってきた素晴らしいジャズカルテットのショーケース演奏がありました。
アメリカのジャズ界でトップアーティストたちと活躍し、現在イスラエル在住サックス奏者のエリ•デジブリ(Eli Degibri)がイスラエルを代表して若いアーティストたちを引き連れてうっとりとするような演奏をしてくれました。

カルテットの若手ピアニスト、トム•オレン(Tom Oren)が素晴らしい演奏を披露したのですが、双子のカール&アランが高校時代に特待生として参加したバークリー音楽院夏期講習でのクラスメートだったことがわかり、3人で再会を喜びました。

トムのピアノソロはこちらでご覧ください。




Jazz Connect 
ホームページ



 

音楽の街、メンフィスの音楽関係者の年末ホリデーパーティがあり、今年は私も参加しました。

DSC00253

会場は、メンフィスが発祥の地とされるブルースの殿堂博物館。パーティを楽しみながら、博物館も見学しました。

DSC00240

ブルースミュージシャンたちの楽器や写真、記念品などが展示されていますが、ブルースと日本のつながりは深く、玄界灘のはっぴも展示。ちょっとうれしくなりました。

DSC00261

会場は、音楽関係者でぎっしり。
さすが音楽の街、たくさん関係者がいます。

DSC00267

ラッパーのAl Kapone (アル•カポーネ)を発見。日本にはまだ行ったことがないそうですが、メンフィスのヒッピホップシーンで絶大な人気を誇るラッパーで、現在は全米からヨーロッパまでツアーする人気アーティストになっています。メンフィス音楽を復活させようと頑張っている若者の一人です。

DSC00256

グラミー賞メンフィス支部長のジョン•ホーニャックさんにもご挨拶しました。
メンフィスにはグラミー賞メンフィス支部があり、メンフィスやニューオリンズなど南部の州を管轄しています。アーティストの推薦をするのもこの支部の仕事で、パーティの当日はちょうど来年のグラミー賞ノミネート者の発表があった日。メンフィスのブルース歌手、Bobby Rushがブルース部門でノミネートされたと喜んでいました。
右隣は、メンフィスのジャズシンガー、サラ(Sarah Ann Rector) 。

色々な人に会えてとても楽しい夕べになりました。


Memphis Blues Hall of Fame (メンフィス•ブルースの殿堂)

Address421 S Main St, Memphis, TN 38103
Hours: 毎日、日曜日のみ午後開館 午前10時〜午後5時




 

2016年度メンフィス音楽の殿堂授与(Memphis Music Hall of Fame)セレモニーに行ってきました。

メンフィスゆかりの世界に誇るミュージシャンや音楽関係者をたたえようと2012年に始まったメンフィス音楽の殿堂は、今年で4回目。会場には、メンフィスの音楽関係者も多く詰め掛けました。

昨年はジャスティン•ティンバーレイク(Justin Timberlake)の大物アーティストの受賞に加え、エルビス•プレスリーのギタリスト、スコッティ•ムーア(Scotty Moore)の受賞には本人の代わりに演奏に影響を受けたローリング•ストーンズのキース•リチャーズ(Keith Richard)が来たのであっという間に売り切れていけなかったので、今年は早くからチケットをゲット。

舞台から近い良い席でセレモニーの音楽を楽しみました。

IMG_1987

今年の目玉は、スタックス•アーティストのウィリアム•ベル(William Bell)のパフォーマンス。

私は、スタックス•ミュージック•アカデミーで息子たちが音楽を勉強した時にボランティアをして以来スタックスを応援する私としては、スタックス•アーティストには特別親しみを感じます。

イベントでも何度か会ったことがあるウィリアム•ベルは、相変わらずの伸びやかな歌声を響かせ、ジーンときました。

Take Me to The Riverというメンフィス音楽のドキュメンタリー映画でベルと共演したラップアーティスト、スヌープ•ドッグ(Snoop Dogg)が特別出演してウィリアム•ベルと共演。サプライズ登場に会場は大いに湧きました。

その時の様子は、こちらのビデオでご覧ください。




その他の今年の受賞者は、こちらです。

マルゲリータ•ピアッツァ(Marguerite Piazza)  オペラ歌手
サム•ザ•シャム (Sam the Sham) ロックンロール歌手
チャールズ•ロイド (Charles Lloyd) ジャズ•サックス奏者
ジョン•リー•フッカー (John Lee Hooker)  ブルース歌手、ギタリスト
ウィリアム•ベル (William Bell) ソウル歌手
ハイレコード•リズム•セクション(Hi Rhythm Section) ハイ•レコード、ハウスバンド

 

ノースカロライナ州アッシュビル(Asheville)にあるビルトモア•ハウス (Biltmore House)というアメリカで一番大きな個人のお家に行ってきました。

IMG_3044

部屋数は250もあり、家というよりお城です。
19世紀の終わりに建てられたこの家は、フランスのロワール地方の城をモデルに、ヨーロッパから専門の職人がたくさん来て作った素晴らしい建築物で、現在は観光客に公開されています。

ヨーロッパのお城もたくさん見ましたが、細部まで凝っていてびっくり。
アメリカの富の象徴のような家です。


IMG_3059

この家にあるものはみんな本物中の本物。
ルーブル美術館にも負けないような美術工芸品がどっさりありますが、中でも圧倒されるのが、このパイプオルガン。
オペラが大好きだったという持ち主のジョージ•ヴァンダービルト2世の趣味でパイプオルガンの下にはワーグナーのタンホイザーのシーンが再現されています。

7階建てのぶち抜き天井のメーンダイニングルームに作りつけてあり、音響も抜群です。

IMG_2813

ヨーロッパの王侯貴族のような暮らしぶりだったアメリカの大富豪宅にはたくさんのお客さんがやってきて贅を尽くしたディナーパーティーが開かれていたそうです。


IMG_2855


これがこの家を建てたジョージ•ワシントン•ヴァンダービルト2世(Gerge Washington Vanderbilt II(1862-1914)です。
アメリカの大富豪ヴァンダービルトの相続人の一人です。

流れてきたパイプオルガンの音色をご一緒にお楽しみください。




Biltmore Estate
1 Lodge St, Asheville, NC 28803
http://www.biltmore.com/

入場料は、大人一人60ドルでした。
ホテルに泊まると割引があります。
 

近所のコンサートホールにバイオリニストの五嶋みどりさんがやってきました。
テネシー州メンフィス市のお隣、ジャーマンタウン市にあるGPACこと、ジャーマンタウン•パフォーミング•アーツ•センターです。

IMG_7798

ジャーマンタウン市には、クラシック界で世界的に有名なマイケル•スターン(Michael Stern)(写真右)が率いる世界的トップクラスのミュージシャンがマイケルさんの元に結集しているアイリス•オーケストラがあり、みどりさんは、アイリスとは何度目かの共演です。

みどりさんの演奏曲目は、メンデルスゾーンのバイオリン•コンチェルト。
名器、ストラディバリウスで奏でるみどりさんの音楽は、繊細で美しいの一言でした。
小柄な体全体を使って奏でる音楽は、本当に情感があふれます。

IMG_7794

800人ほどのホールはほぼ満席。
観客は大喜びで、最後は観客全員がスタンディング•オベーションでした。

テネシー州は、アメリカの主要都市からも遠いので、メジャーな音楽を聴けるなんて思わずに引っ越してきましたが、アイリス•オーケストラがあるおかげで素晴らしい音楽が楽しめます。
チケットも手頃な価格ですし、コンサート当日の土曜日の午前中は、公開練習を10ドルで見ることもできます。


IMG_7812


みどりさんという素晴らしい日本人音楽家を歓迎してテネシー日米協会がアイリス•オーケストラと一緒にコンサート前に歓迎交流会を開催しました。
世界で活躍するみどりさんの音楽自体が日米親善で、多くの人たちが彼女の音楽を通して出会うことができました。

みどりさん、コンサート後には、ロビーに出てきてくれてみんなと交流してくれました。

笑顔で写真撮影やサインをしてくれて、当地の日本人は大喜び。

私も早速ツーショットさせてもらいました。

日本人が少ない土地柄で、こうやって頑張っている日本人に出会えることはとても嬉しいことです。
この異国で頑張っている多くの日本人が、世界を舞台に活躍しているみどりさんに出会って元気をもらいました。

日本からの時差は15時間。ほぼ地球の裏側で、日本人であることが誇りに感じられるひとときでした。

テネシー州の州都、ナッシュビル(Nashville)は、ミュージック•タウン。
カントリー音楽のメッカとして世界に知られています。

テネシー州は、西の端にブルースの里、メンフィス、そして真ん中にカントリーのメッカ、ナッシュビルがある、音楽がとても盛んな州です。

DSC04046

カントリーミュージックといえば、そのナッシュビルのブロードウェイ通りがとても有名です。

ライブ演奏のあるお店がたくさん軒を連ねてどこからも賑やかな音楽が響きます。

DSC04049

カントリー、ロックなどの生演奏が、ほとんどの店がカバーチャージなしでドリンクのみで楽しめます。もちろん、ミュージシャンへのチップはお忘れなく、ですが…

レベルはとても高く、どのバンドも本当に上手で、お客さんをうならせるミュージシャンばかり。
ナッシュビルの音楽の層の厚さを感じます。

上記の写真は、ロック•バンド。
音もこなれているので、たくさんのお客さんが音楽に合わせて踊っていました。

どのバンドも演奏や歌が上手なので、世に出てスターになるのは、上手以上の何かが必要なのでしょう。

お店それぞれに工夫を凝らした演奏とパフォーマンスがあり、一杯飲んでは次とはしごをして歩きます。


DSC04059

演奏しながら、ベースに乗って曲芸をしてしまうというすご腕ミュージシャンがいました。

歌って、曲芸をして、おしゃべりをして、とても上手にお客さんを盛り上げるので、たくさんチップが集まっていました。

クリスマス前とあってブロードウェイ通りはたくさん人が出て賑やか。

楽しく夜は更けていくのでした。



 

双子がレコーディングしたばかりの、メンフィスにあるロイヤルスタジオが今注目を浴びています。

今話題の歌手、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)がロイヤルスタジオでレコーディングした曲が、ヒットチャートのナンバーワンになって全米を沸かせているのです。

IMG_4632

ピアノの鍵盤の絵が書かれている階段を登ってこの入口から入る、このスタジオです。
入るときからファンキーな気分になってしまいます。

DSC01201

このレトロなスタジオで今回の大ヒット曲が生まれました。

前にも言いましたが、かなり古い印象なのに、なぜ、世界中からすごいミュージシャンがやってきてレコーディングしたがるのか、本当に不思議です。

最新式の機器とはほど遠いコントロールルーム、楽器も古いし、21世紀のこの時代においてここは大丈夫なのか? 
ちょっと不安になりそうな場所なんです。

でも、双子のレコーディングをしてみてわかったことは、思ったより曲がずっとよくできたということ。
レコーディングしてくれるスタジオオーナーのブーさんは楽しくユニークで、ミュージシャンを上手くその気にさせてしまいます。

ブルーノ・マースのレコーディングのときは、ブーさんのが家族総出でコーラスを担当。ブルーノが角で指揮をとってとても楽しかったのだとか。そういう雰囲気をミュージシャンと一緒に作り上げるのが上手なのでいろんなものが引き出されるのかもしれません。
もしかしたら、ミュージシャンがマジックを感じる場所なのかもしれません。

とにかく、とっても不思議です。

「アップタウンファンク」はノリの良い楽しい曲で、思わず体が動きます。
こちらがその驚異的なヒット数になっているYouTubeビデオです。

画像をクリックしてお楽しみください。


 

ドラマーだったら、メンフィスといえばメンフィスドラムショップ(Memphis Drum Shop)
オーナー以下、全スタッフが現役ドラマーというこの非常にユニークなショップは、世界中のドラマーのあこがれです。メンフィス地区だけに限らず、世界を相手にドラムワールドを発信する国際的ドラムショップなのです。

我が家にとってはここもパワースポットのひとつ。
ドラマーのカールが、ドラム世界のドアを次々と開けていくことになった思い出深い場所です。ここでメンフィスの腕利きドラマーたちに知り合い、指導を受け、有名ミュージシャンたちにたくさん出会いました。

デイブ・ウェックル(Dave Weckl)、デニス・チェンバース(Dennis Chambers)など、世界の名だたるドラマーのドラムクリニックが定期的に開催されて、世界トップクラスのテクニックを身近に感じることができます。メーカーがスポンサーのドラムクリニックは参加費が安価で当地のドラマーたちの人気ですが、インターネットで世界中に配信されるので日本でも見ることができます。(ホームページ参照

IMG_5755

こちらがメンフィスドラムショップ。メンフィスミッドタウン地区のおしゃれなクーパー通り(Cooper St.) にあります。 写真右で太鼓をかかえた人がオーナーのジムさんです。とても背が高い、ハンサムでソフトなおじさまです。

自身がドラマーでドラム好きが嵩じてドラムショップをはじめたそうですが、スタッフは、全員バリバリの現役ドラマーで、ツアーや演奏に行かないときは、ドラムに囲まれる仕事を心底楽しむ情熱人が揃っています。何を聞いても即座に返答があるのはドラムショップならでは。


IMG_3781

入るとドラム、ドラム、ドラムがぎっしり並んでいます。
いろいろありますが、パール(Pearl),、サカエ(SAKAE、 ヤマハ(YAMAHA)と、日本の会社の製品もたくさん並んでいます。ドラムは日本の会社がとてもがんばっているのですね。メンフィスに来て初めて知ったことですが、日本人としてちょっとうれしくなりました。

IMG_6037

ドラムショップの圧巻は、1200個のシンバルが展示されたシンバルルーム。
一枚一枚全部音が違います。買う時は、写真の様に実際にドラムキットにつけて実際に使ってみて気に入ったものを買う事ができます。値段もいろいろですが、一枚1000ドルくらいのものを買うとなると、シンバル選びは慎重になります。

シンバルの音の言い表し方は、ドライ(Dry)だとか、ウェット(Wet)だそうです。カーンと乾いた音がするのがドライで、ちょっとこもるような音がするものをウェット(湿った音)と言うのだそうです。
どこからがドライで、どこからがウェットなのか?
素人の私は悩むところですが、ドラムやシンバルの世界の奥が深いのはよくわかります。

IMG_5733

ドラムショップの一部屋はビンテージドラムの展示室です。オーナーのジムさんのプライベートコレクションが並んでいます。
写真のドラムセットは、Ludwig社のビートルズが使用していたものと同じセット。他にもユニークな形のものなど年代物がいろいろあり、コレクター垂涎のコレクションを公開しています。

カールは奥にあるレッスン室によく通ったものです。

ここで出会ったドラマーの先生がメンフィスで有名なジャズドラマー、リナルド・ワード(Renardo Ward)。リナルドが的確なアドバイスをくれ、次々といろいろなジャズミュージシャンを紹介してくれたおかげでどんどん修行を積む事ができました。

ジャズミュージシャンはインプロビゼーション(improvisation- 即興)ができる人たちなので人付き合いでも即興が可能のようです。メンフィスのジャズミュージシャンたちは修行中の若者に懇切丁寧に教えてくれるので、ジャズがどんどんおもしろくなっていきました。

最初は、ロックンロール用のドラムキットしかなかったのですが、ここで先輩ドラマーのアドバイスでヤマハのジャズドラムキットをゲット。

そこから益々ジャズの地平線が広がっていくのでした…




話しはさらに戻って3年ほど前我が家がアメリカに引っ越してきたところに戻ります。

音楽の競争相手が少ない香港で、ロックスターへの夢が膨らんだ双子は、音楽の街、メンフィスに引っ越して、音楽の層の厚さに愕然とします。

アメリカ南部はバイブルベルトとも呼ばれるキリスト教の信仰が篤い土地。ここの子供たちは音楽を取り入れたキリスト教会で幼いころから楽器に触れ、生の音楽を身近に感じて育つので、高校生ですでにキャリアが違うのです。

そこで、双子は、「こういう子たちと一緒に演奏できたら楽しくてたまらない!」と、ポジティブに考え、音楽教育が盛んな公立高校に転校。マーチングバンド、ジャズバンドの授業を選択して課外活動にも参加することになりました。

IMG_0429

これがマーチンドバンド。
学校によってバンドの人数が異なりますが、大きなところは何百人もの部員がいます。

もともとは軍隊の鼓笛隊から発展したもので、ユニフォームを着て、ブラスバンドと打楽器グループが演奏しながらフィールドを縦横無尽に行進します。

特にドラムセクションは、高速で間違いのないバチさばきと同時に迅速に動き回ることを要求される注目の人気ポジション。練習を相当つんで選ばれた生徒だけができる特権です。

IMG_9856

フランスのジャズ関係者と話したとき、ドラマーはやはりアメリカ人のテクニックがすごいと言っていましたが、これだけ裾野が広ければレベルも高いわけだとうなずけます。

足も前に進むだけでなく音楽に合わせてかにのような横歩き、後ろ歩き、ターンなど、上手なバンドになればなるほど複雑な動きを入れた仕上がりになっています。

DSC01750


こちらは大学のフットボール試合のハーフタイム風景。

アメリカで一番人気のあるスポーツ、アメリカンフットボールは、秋の今頃がシーズンです。試合ともなればどの学校もこうしたマーチングバンドが応援席で盛大に応援し、ハーフタイムでは、立体的なマーチング演奏をして観客を楽しませます。

大会上位入賞の高校バンドで上手な子は、大学のマーチングバンド奨学金をもらえるようがんばります。アメリカは世界でも類をみない高額な授業料をとる大学が多いので皆必死です。その分、大学のマーチングバンドは精鋭たちが集ってレベルアップを競うことになります。


IMG_9877


バンドは、カラフルな旗をもって踊るカラーガードの女の子たちが色を添えて、華やかなパフォーマンスを繰り広げます。アメリカの高校では、チアリーダーと並んで、カラーガードも女子に人気です。旗の他、本物ではありませんが、ライフル、サーベルという武器を象徴するものも踊りに使います。

マーチングバンドは、全米各地で中高の授業や課外活動に取り入れてられてとても盛んです。高校部門の地区大会で優勝すると全米大会に進むことができます。その勝者は全米で放映されるローズボウルなど、大学フットボール戦のハーフタイムに出られる特典があるので、たいへん人気の活動です。

アメリカ音楽の基礎はこんなところから形づくられていくようです。



↑このページのトップヘ