Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

カテゴリ: メンフィス

ノース•ミシシッピ•オールスターズ(North Mississippi Allstars)のコンサートに行ってきました。

1990年代に発表したデビューアルバムがいきなりグラミー賞にノミネートして以来、3度もノミネートされて世界のブルースロックを牽引しているグループです。


DSC06870


地元はもとより、世界にその名を馳せるこのブルースロックグループのパワフルな音楽にメンフィスの老舗野外音楽堂レビットシェルは満員。ライブはとても盛り上がりました。

左のギタリスト、ルーサー(Luther Dickinson)と、右のドラマー、コーディ(Cody Dickinson)のディキンソン兄弟が主要メンバーです。この二人は、ボブ•ディランやローリング•ストーンズなどとも共演し、メンフィス音楽の黄金時代の50-70年代にメンフィス発で世界の音楽の伝統を築き上げたレジェンドの一人、ジム•ディッキンソン(Jim Dickinson)の息子たち。しっかり、メンフィスの音楽の伝統を受け継いで世界に広めてくれている眩しい青年たちです。

DSC06878

彼らの音楽は、炸裂するコーディのドラムのビートにルーサーのギターのメロディと歌がぶつかる激しいながらもメロディアスで心にグッとくる音楽。ベースはウッドベースとエレキベースを使い分けて曲ごとの音調を盛り上げます。ドラムは2台編成で炸裂が2倍でした。

私は6年前にメンフィスに来て以来、メンフィスのドラムのレベルの高さに舌を巻き、メンフィスドラムは世界一だと確信していますが、このコーディは、その中でもダントツのレベルの高さ。

メンフィスのドラマーは、メロディーなしのドラムだけを音楽にしてしまうマジックを持っていますが、コーディのドラムソロに会場の皆が引き込まれるのは圧巻でした。

DSC06879

演奏の後にコーディとツーショット写真をとりました。

2月に日本のブルースロックのアーティスト、佐々木亮介がメンフィスでレコーディングした時、私がコーディネートをしたのですが、ドラマーはこのコーディ。ドラムがいいだけでなく、人柄も良いのでそれ以来すっかりファン&お友だちになりました。

亮介くんのソロアルバム、「LEO」は8月にリリースされましたが、日本から預かって来たので、ステージでしっかり手渡しました。このアルバムは、コーディの他にもメンフィスのレジェンドのホッジズ兄弟なども参加しているので、お宝度がとても高いのです。日米融合のすごい音楽になっているので日本のみなさんも聴いてください。

コーディたちは日本にまだ行ったことがなく、いつか行ってみたいそう。
いつか近い将来、彼らのすごい音楽を日本の人たちが生で味わえるチャンスがあればと思います。

まずはビデオでこのライブの様子をご覧ください。



North Mississippi Allstars ホームページ

メンフィス•スリム•コラボラトリー (Memphis Slim House Collaboratory)  主催のソング•ライティングセミナーに参加しました。パリで活躍したブルースピアニスト、メンフィス•スリムの生家を改装し、メンフィス音楽コミュニティのために作られた場所はレコーディングスペース提供のほか、メンフィス音楽業界活性化のため様々な活動をしています。

今回のセミナーは、作詞作曲についてで、数々の世界的ヒット曲を作ったブルース•スダーノ(Bruce Sudano)が、至近距離で自らの経験に基づいて、作曲、作詞について語ってくれました。ディスコ•クイーンとして世界に知られる歌手、ドナ•サマー(Donna Summer)のご主人です。

DSC02178

自身もミュージシャンとして活躍していましたが、ドナ•サマーと出会って結婚し、家庭を守る夫であり父であることを選んで作曲作詞活動に専念。ドナ•サマーの'Bad Girls'や'MacArther Park'など、ディスコ音楽で旋風を巻き起こしたヒット曲の数々を作った人です。

ヒット曲が生まれるに至った経験をとても率直な言葉で語ってくれました。
そして、音楽業界を乗り越えてきた、たたき上げの音楽人のストーリーで、作曲より作詞で有名なブルースさんは、話す口調からも真摯で前向き、思いやりがある人となりが感じられます。

DSC02179

ドナ•サマーのマネージャーを20年以上勤めた影の立役者ですが、彼女が数年前に亡くなってから音楽活動を開始、会場で新曲を披露してくれました。

作曲より作詞が有名なブルースの新曲にも、たくさんの思いが込められて聴く人の心を打つものがありました。思いを込めて作る曲がヒット曲になっていくのもわかる気がしました。

DSC02181

セミナー会場に着いた時、参加者一人一人と握手をして、目を見つめて話すのにびっくりしました。

質問にはとても一生懸命答えてくれて、参加者は皆元気づけられ、笑顔で帰りました。
私は、自分で作曲するのでなく、作曲された曲がどう世の中に出て行くのかを知りたくて参加。経験者が生の体験を生の声で話すのを聞けてよかったです。

「本当に思うこと」の大切さを感じたひと時でした。


メンフィスのロイヤル•スタジオでレコーディングのお手伝いをしました。

演奏者は、メンフィスが誇る世界のホッジズ兄弟など、メンフィスの錚々たるミュージシャンが勢ぞろい。
メンフィスの有名音楽スタジオ、ロイヤル•スタジオのレコードブランド、ハイ•レコードのハウスバンドのハイ•リズム•セクション(High Rythm Section)メンバーとしてメンフィスの音楽を世界的に有名にした立役者たちです。

Hodges Leroy golden discs
飾ってあるゴールデン•ディスクの全部で演奏した様子を説明してくれたリロイ•ホッジズ(Leroy Hodges, 1950~)

ロイヤル•スタジオといえば、グラミー賞8回受賞のアル•グリーン(Al Green)がレコーディングして有名になったことで有名。あまりに有名な曲なため、ソウル•ミュージックファンでなくとも、彼らが伴奏した音楽を聴いたことのある人も多いはずです。

スタジオの壁には数々のゴールデン•ディスクが飾ってあり、このゴールデンディスク全部の演奏に参加してロイヤル•スタジオからの世界最高峰の音楽を作り上げた影の立役者がホッジズ兄弟なのです。

生の演奏は初めて聞きましたが、楽器を魔法使いのように使いこなし、何気ない音一つ一つにも創意工夫と思い入れが詰まって聞く人を唸らせます。
その妥協のない音は弾くごとに研ぎ澄まされ、出来上がった音楽には鳥肌が立ちました。


Hodges Chales Fender

お兄さんのCharles Hodges Sr.   (1947~) ハモンドオルガン、ピアノ、キーボード奏者。
妥協がなく、とことん音を追求する姿に世界のトップ奏者の執念が伺われます。
写真ではヴィンテージのフェンダー•ローズのキーボードを演奏しています。


二人とも10代前半からミュージシャンだったお父さんのバンドで演奏して腕を上げ、10代後半でロイヤル•スタジオ•オーナー でトランペット奏者、ウィリー•ミッチェル(Willie Mitchell)に見出されてスカウト。

最初は、兄でギタリストでグラミー賞受賞曲の作曲家、ティニー•ホッジズ(Teenie Hodges 1945-2014)がハウスバンドに参加。その後この弟たちも参加し、グラミー賞8回受賞のアル•グリーン(Al Green)とレコーディング、世界的なヒット曲を次々と生み出して世界各地をツアーしました。
メンフィスの音楽を世界に知らしめたのです。

日本にはもう何度も行ったことがあり、今年も4月にツアーが予定されているそうです。

生演奏は聞くと、鳥肌が立ちます。

Hodges Leroy

ベースを演奏するリロイ。
淡々とリズムを刻み、すごい音楽のベースを紡ぎあげます。


Hodges, Charles


チャールズさんはハモンドオルガンで有名ですが、しっかり、しっとりした演奏にオリジナリティーがバッチリ。本当に惚れ惚れします。

お二人とも大変気さくで、飄々としていてとても楽しい人たちです。
一緒の写真も楽しく撮らせていただきました。

メンフィスに来て素敵な音楽にたくさん出会いますが、今回もまた特にうれしい音と人との出会いでした。

多くの人に聞いてもらいたい音楽は、リリースの詳細が決まったらまたブログでご紹介いたしますのでお楽しみに!
 

カール&アランのジャズ•ツインズ(Carl & Alan Maguire)が、12月17日、メンフィスのスタインウェイ•サタデー•コンサートでジャズの調べを奏でました。

音楽の都メンフィスとその近郊で唯一のスタインウェイピアノ取り扱い店、AMRO Musicのショールームで行われたコンサートは、スタインウェイのコンサート用グランドピアノの伸びやかな音色とカール&アランの若いエネルギー溢れるリズムセクションの音色が重なる演奏です。

DSC00442

メンフィスは聞き手も耳が肥えているので、頷きながら聞き入る人も多く、ミュージシャンの演奏にも熱が入ります。

IMG_5934

当日の演奏は、カールがドラム、アランがベース、スタインウェイピアノの演奏は、層の厚いメンフィスのトップピアニスト、Alvie Givhande

ゲストに双子のスタックス•ミュージック•アカデミー以来仲良しのサックス奏者、Reginald Whiteが数曲参加して演奏をさらに盛り上げました。

演奏は一部と二部があり、休憩には、ワインとおつまみサービス付き。
スタインウェイ•サタデー•コンサートは毎月開催で、なんと無料で楽しめるとても優雅なイベントです。

コンサートで演奏した双子のクリスマスミュージックをお楽しみください。




 AMRO Music
2918 Poplar Avenue, Memphis, TN 38111
Tel. 901-323-8888
 

    日本が誇る世界のジャズピアニスト、松居慶子(Keiko Matsui)さんがメンフィスに来てくれたので楽屋にお邪魔しました。


    DSC00333


    ジャズピアニストを目指さなかったのになぜかなってしまったという慶子さん。
    小柄なのに舞台に立つとすごい音楽を奏で、とってもでっかく見えます。

    DSC00325

    メンフィスには、メンフィス出身のグラミー賞受賞者、カーク•ウェーラム(Kirk Whalum)さんのA Gospel According To Jazz Christmasツアーで来てくれました。
    カークさんは、我が家の双子がStax Music Academyで音楽を勉強していた頃の恩師。双子がジャズを極めようと思ったきっかけの一人です。数年前に慶子さんがメンフィスにツアーで訪れた際にカークさんに紹介されて以来、すっかりファンになりました。

    音楽が素晴らしいのはもちろんですが、その人となりが超おもしろい!

    「私、ジャズピアニストでないです。」などという爆弾発言に、大笑い。
    特にジャズを目指したわけでなく、淡々とやりたいことをやってきたら、ジャズピアニストとして世界に認められてしまったというのが真相のようです。

    お話を聞くと、本当に努力の人だと思いました。
    音楽修行も並大抵でないと思いますが、アメリカ人の中で、日本人一人で淡々と、でも楽しそうに、ちゃんと自分の居場所を見つけてツアーしています。

    旧ソビエト圏では2002年からツアーしているそうですが、ちゃんと舗装された道路がないような小さな町でも依頼があれば出かけて人々にピアノ演奏で語りかけるそうです。
    私も旧ソビエト連邦など世界の各地に行った経験があるのでどんなに大変だったか想像してしまいました。

    「コンサートで平和な空気を増やすのが、今世のミッションだと思う。」と慶子さん。

    旧ソ連圏や東欧など、世界の各地で絶大な人気を誇る慶子さんですが、そんなひたむきな姿が人の心を打つのだろうと思います。


    DSC00318

    左から、双子のアラン、カール、カークさん、慶子さん、私

    慶子さんは、人との付き合い方にとても長けていて、他のバンドメンバーへの心配りも非常に細やか。

    楽屋で何かの話になり、私が他のバンドメンバーに「良かった」と褒めたら、「良かっただけでなく素晴らしい」と笑顔でフォロー。ちょっとだけの一緒に時間に色々と学ばせてもらいました。

    世界のトップに立つということはこういうこともできないといけないと双子に早速指南しました。

    このツアー、クリスマス前の数週間全米各地を回りますが、メンフィスでは、クレイボーン•テンプル(Clayborn Temple)という、1891年創立の教会。1960年代、歴史に残るアメリカの公民権運動の中心となった歴史的場所です。今世紀になってからは使用する人もなく廃墟になって取り壊しになりそうだったところを市民が立ち上がって再建事業を始めました。

    カークさんは思いやりがたくさんある人なので、この場所を残すことの意義を感じ、コンサートを企画したようです。

    DSC00291


    思いは通じ、この歴史的建造物は満席。一曲が終わるごとに観客は総立ちです。
    すごいコンサートでした。

    いろんな曲が上手に絡み合って飽きる暇がないままに2時間があっという間。観客参加型のシーンがあったり、いろんな工夫があって楽しく、もっと聞いていたいと思いました。

    コンサートが始まって間もなく古い建物の天井の一部が私のそばに落ちてきてびっくり。
    クレイボーン•テンプルも慶子さんたちの演奏が嬉しかったのかもしれません。



    こちらでチラッと当日の慶子さんの演奏の様子をどうぞ。




     

    音楽の街、メンフィスの音楽関係者の年末ホリデーパーティがあり、今年は私も参加しました。

    DSC00253

    会場は、メンフィスが発祥の地とされるブルースの殿堂博物館。パーティを楽しみながら、博物館も見学しました。

    DSC00240

    ブルースミュージシャンたちの楽器や写真、記念品などが展示されていますが、ブルースと日本のつながりは深く、玄界灘のはっぴも展示。ちょっとうれしくなりました。

    DSC00261

    会場は、音楽関係者でぎっしり。
    さすが音楽の街、たくさん関係者がいます。

    DSC00267

    ラッパーのAl Kapone (アル•カポーネ)を発見。日本にはまだ行ったことがないそうですが、メンフィスのヒッピホップシーンで絶大な人気を誇るラッパーで、現在は全米からヨーロッパまでツアーする人気アーティストになっています。メンフィス音楽を復活させようと頑張っている若者の一人です。

    DSC00256

    グラミー賞メンフィス支部長のジョン•ホーニャックさんにもご挨拶しました。
    メンフィスにはグラミー賞メンフィス支部があり、メンフィスやニューオリンズなど南部の州を管轄しています。アーティストの推薦をするのもこの支部の仕事で、パーティの当日はちょうど来年のグラミー賞ノミネート者の発表があった日。メンフィスのブルース歌手、Bobby Rushがブルース部門でノミネートされたと喜んでいました。
    右隣は、メンフィスのジャズシンガー、サラ(Sarah Ann Rector) 。

    色々な人に会えてとても楽しい夕べになりました。


    Memphis Blues Hall of Fame (メンフィス•ブルースの殿堂)

    Address421 S Main St, Memphis, TN 38103
    Hours: 毎日、日曜日のみ午後開館 午前10時〜午後5時




     

    2016年度メンフィス音楽の殿堂授与(Memphis Music Hall of Fame)セレモニーに行ってきました。

    メンフィスゆかりの世界に誇るミュージシャンや音楽関係者をたたえようと2012年に始まったメンフィス音楽の殿堂は、今年で4回目。会場には、メンフィスの音楽関係者も多く詰め掛けました。

    昨年はジャスティン•ティンバーレイク(Justin Timberlake)の大物アーティストの受賞に加え、エルビス•プレスリーのギタリスト、スコッティ•ムーア(Scotty Moore)の受賞には本人の代わりに演奏に影響を受けたローリング•ストーンズのキース•リチャーズ(Keith Richard)が来たのであっという間に売り切れていけなかったので、今年は早くからチケットをゲット。

    舞台から近い良い席でセレモニーの音楽を楽しみました。

    IMG_1987

    今年の目玉は、スタックス•アーティストのウィリアム•ベル(William Bell)のパフォーマンス。

    私は、スタックス•ミュージック•アカデミーで息子たちが音楽を勉強した時にボランティアをして以来スタックスを応援する私としては、スタックス•アーティストには特別親しみを感じます。

    イベントでも何度か会ったことがあるウィリアム•ベルは、相変わらずの伸びやかな歌声を響かせ、ジーンときました。

    Take Me to The Riverというメンフィス音楽のドキュメンタリー映画でベルと共演したラップアーティスト、スヌープ•ドッグ(Snoop Dogg)が特別出演してウィリアム•ベルと共演。サプライズ登場に会場は大いに湧きました。

    その時の様子は、こちらのビデオでご覧ください。




    その他の今年の受賞者は、こちらです。

    マルゲリータ•ピアッツァ(Marguerite Piazza)  オペラ歌手
    サム•ザ•シャム (Sam the Sham) ロックンロール歌手
    チャールズ•ロイド (Charles Lloyd) ジャズ•サックス奏者
    ジョン•リー•フッカー (John Lee Hooker)  ブルース歌手、ギタリスト
    ウィリアム•ベル (William Bell) ソウル歌手
    ハイレコード•リズム•セクション(Hi Rhythm Section) ハイ•レコード、ハウスバンド

     

    アメリカの人たちの音楽の楽しみ方は様々ですが、ハウスコンサートは生の音楽を身近に聞けるのが醍醐味。

    月曜日の夜、お友達のナンシーのお家の贅沢な空間でカナダ人フォークシンガー、ジョン•ブルックス(Jon Brooks)の歌声を楽しみました。

    IMG_1722
     
    カナダ、オンタリオ州出身のジョンは、自作の歌にメッセージをたっぷり込めてハスキーな声で歌ってくれました。
    渋いながらもかなりハッとする歌声は心に響きます。
    カナダだけでなく本場アメリカのフォーク界でも知られたシンガーソングライターです。

    IMG_1731

    私は、Delicate Cageという蜂の巣の絵のCDをサイン付きでゲット。
    個人宅の居間で行われるコンサートは、まさにアットホームなので、ミュージシャンとの交流もパーティ方式。


    IMG_1719

    休憩時間はパーティなので、ホストが用意したスナックとワインで常連さんの他のお客さんとも交流できます。


    IMG_0536

    距離感近く、ジョンとホストのナンシーと記念写真。
    ナンシーはお医者さんですが、お母さんがオペラ歌手だったこともあって音楽に造詣が深く、ミュージシャンを応援して時々ハウスコンサートを開いてくれます。

    気さくなジョンとの会話は楽しく、今度会えるのは世界のどこかなあ。
    日本やアジアにはまだ行ったことがないので、将来は一度行ってみたいのだとか。
    ということで、歌声ビデオはこちらです。




     

    メンフィスの夏の楽しみといえば、レビットシェル(Levitt Shell)野外音楽堂のコンサートシリーズ。

    メンフィス、そしてこのアメリカ南部にゆかりのミュージシャンをメインにした本格的なコンサートがなんと!無料で楽しめます。
    6月から10月末まで毎週木、金、土、日曜日の週4日間、世界のトップミュージシャンや地元のミュージシャンのパフォーマンスを楽しみに、ちょっと涼しくなる日暮れどきに市民が集まります。
    芝生の上にシートを敷いて座る人、折りたたみ椅子を持ってくる人と、楽しみ方はそれぞれ。

    この土曜日は、メンフィス出身のジャズの巨匠サックス奏者、ジョージ•コールマン(George Coleman) 。ジャズの歴史を作った一人のコンサートでした。


    IMG_3318


    今年で81歳ですが、演奏を始めたら、年齢を感じさせないさすがの音色です。
    サックスの音色は時に力強く、時にか細い鳴き声のように、自由自在の魔法の音色が聴く人を感動させます。

    メンフィスのMannassas High Schoolという高校からたくさん世界のトップミュージシャンが輩出されていますが、この人もその一人。

    IMG_3311

    メンフィスの音楽を世界に広めた功績が認められて音楽で有名なビール•ストリートに埋め込まれる名前入りの音符授与式もありました。

    IMG_1716

    メンフィスの有名ミュージシャンの写真集にサインをゲットしました。

    素晴らしい演奏をちょっとだけお裾分けです。




    メンフィスの夏の週末は、レビットシェルの音楽がオススメです。
    Brooks Museumのお隣、Overton Parkの中にあります。

    Levitt Shell
    1928 Poplar Ave, Memphis, TN 38104

     

    近所のコンサートホールにバイオリニストの五嶋みどりさんがやってきました。
    テネシー州メンフィス市のお隣、ジャーマンタウン市にあるGPACこと、ジャーマンタウン•パフォーミング•アーツ•センターです。

    IMG_7798

    ジャーマンタウン市には、クラシック界で世界的に有名なマイケル•スターン(Michael Stern)(写真右)が率いる世界的トップクラスのミュージシャンがマイケルさんの元に結集しているアイリス•オーケストラがあり、みどりさんは、アイリスとは何度目かの共演です。

    みどりさんの演奏曲目は、メンデルスゾーンのバイオリン•コンチェルト。
    名器、ストラディバリウスで奏でるみどりさんの音楽は、繊細で美しいの一言でした。
    小柄な体全体を使って奏でる音楽は、本当に情感があふれます。

    IMG_7794

    800人ほどのホールはほぼ満席。
    観客は大喜びで、最後は観客全員がスタンディング•オベーションでした。

    テネシー州は、アメリカの主要都市からも遠いので、メジャーな音楽を聴けるなんて思わずに引っ越してきましたが、アイリス•オーケストラがあるおかげで素晴らしい音楽が楽しめます。
    チケットも手頃な価格ですし、コンサート当日の土曜日の午前中は、公開練習を10ドルで見ることもできます。


    IMG_7812


    みどりさんという素晴らしい日本人音楽家を歓迎してテネシー日米協会がアイリス•オーケストラと一緒にコンサート前に歓迎交流会を開催しました。
    世界で活躍するみどりさんの音楽自体が日米親善で、多くの人たちが彼女の音楽を通して出会うことができました。

    みどりさん、コンサート後には、ロビーに出てきてくれてみんなと交流してくれました。

    笑顔で写真撮影やサインをしてくれて、当地の日本人は大喜び。

    私も早速ツーショットさせてもらいました。

    日本人が少ない土地柄で、こうやって頑張っている日本人に出会えることはとても嬉しいことです。
    この異国で頑張っている多くの日本人が、世界を舞台に活躍しているみどりさんに出会って元気をもらいました。

    日本からの時差は15時間。ほぼ地球の裏側で、日本人であることが誇りに感じられるひとときでした。

    ↑このページのトップヘ