Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

カテゴリ: CD

2月7日、テネシー州ノックスビル市(Knoxville)でカールとアランがCDリリースパーティを開催しました。

レーンミュージックノックスビル支店ホールでのコンサート&CDサイン会にはたくさんの人がお越しくださり、なごやかで楽しい雰囲気のイベントになりました。

IMG_0276


ほぼ満席のホールでは、若い2人に、キース・ブラウン(Keith Brown)のピアノ、ジャメル・ミッチェル(Jamel Mitchell)の30代若手新進ミュージシャンが加わり、前回とはまた違ったアレンジ、音色で観客を喜ばせました。

キースは、このCDにピアニストとして出演、アメリカだけでなくフランスでも活躍する国際的ピアニスト。ジャメルは、メンフィスの伝説ロイヤルスタジオ創始者、ウィリー・ミッチェルの甥でメンフィス音楽界のサラブレッドです。4人それぞれの個性が集って、より熟成された音楽ができあがりました。

IMG_0289

世界的に有名なジャズピアニストでプロデューサー、ドナルド・ブラウン(Donald Brown)が観客に双子を紹介してくれました。

双子に出会ったときのこと、CDをプロデュースし、それがきっかけとなって現在、教授として教えることになったストーリーを披露し、多いにほめて、双子のCD作成の節目を祝ってくれました。

ドナルド・ブラウンは、人口20万人ほどの大学の街でジャズ科の教授をしながら、ノックスビルのジャズの基盤を築いた立役者です。その人が薦める若手を見ようとやって来た人たちもたくさんいました。

IMG_0206

サイン会では、初めて聞く演奏を気に入ってCDを求める人がたくさん並んでくれました。

たくさんの人に助けてもらい、支えられて音作りができる双子はとてもしあわせ者です。
たくさん修行して、どんどん活躍して欲しいとみなさんに激励されて、また決意を新たにしました。

こちらがカルテットの「浜辺の歌」の映像です。


 

双子が小中学生時代、毎夏、体験入学で訪れた北秋田市の出身、成田為三が作曲した「浜辺の歌」を、著名ジャズアーティストである彼らの師、ドナルド・ブラウンが編曲したものです。

日米ハイレベルアーティストの共作を、音楽の道を歩みだしたばかりの双子が、演奏して、世界をつなぐ第一歩を築いた音楽です。

どうぞお楽しみください。





 

メンフィスには伝説のレコーディングスタジオがいくつかあります。
スタックスのように今はなくなってしまったスタジオもありますが、現在もその存在を世界にアピールし続けているのがここ、アーデントスタジオ(Ardent Studios)です。



IMG_1863


レコーディングした人たちは、メンフィスから世界へと羽ばたいて行ったアイザック・ヘイズ、サム&デイブなどのスタックスミュージシャンもたくさんいましたが、レッド・ツェッペリン、ボブ・ディランなど「おおっ!」というミュージシャンのオンパレード。つい最近はスティービー・ワンダーがレコーディングをしました。

日本からは忌野清志郎、中島美嘉などがここでレコーディングしていったそうです。

そして、我が家の双子ジャズミュージシャンが最初のアルバムをレコーディングしたのもここです。

IMG_1838

スタジオの壁にはたくさんのゴールドディスクとプラチナディスクが飾られてその歴史を物語っています。グラミー賞受賞作品もたくさんここから生み出されました。

創立者は、機械いじりが大好きで、特にラジオを組み立てるのが大好きな少年だったそうです。その趣味が嵩じてレコーディングスタジオを作ったのだとか。最初は実家のガレージで録音していたのが、規模が大きくなって何度か引越し、現在の場所にたどりついたのは1971年のことです。

IMG_1971


この写真の右側がスタジオ創立者ジョン・フライ(John Fry)です。
音楽業界では、ミュージシャンのモチベーションをあげるのがとても上手なことで有名で、実力を存分に発揮したレコーディングをさせてくれると評判が高い人です。メンフィスだけでなく全米の音楽業界の重鎮で、全米音楽スタジオ協会(SPARS)会長なども務めました。笑顔のすてきな人です。

左は、双子ミュージシャンの恩師でプロデューサーの、ドナルド・ブラウン(Donald Brown)。
世界的に有名なジャズピアニストで、プロデューサー、そして大学教授です。若い頃はスタックスのスタジオミュージシャンとしてこのスタジオで録音したので、二人は長いおつきあいだそうです。


IMG_2092


スタジオはA,B,Cと3つあります。これはスタジオAのミキシングルーム。
ミュージシャンが演奏したあとでレコーディングしたものをみんなで聞いて厳しく吟味します。双子のレコーディング時の写真です。

アーデントスタジオは、スタッフの皆さんが心底音楽が好きなのが感じられ、訪れて楽しいところでした。

双子のジャズミュージシャンたちもここから巣立ったすばらしい先輩たちの後に続けますよう…







 

↑このページのトップヘ