Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

カテゴリ: 香港

カール&アランが香港ツアーをします。
共演者は、ロン•カーターやアストリッド•ジルベルトなど世界のジャズ界の錚々たるメンバーとレコーディング、ツアー経験のある香港のベテラントップアーティスト、テッド•ロー(Ted Lo)。熱い演奏が楽しめそうです。

6月28日 Fringe Club
6月29日 Peel Fresco Jazz Sunday
7月2日   Peel Fresco 

プロモビデオをご覧ください。

インターナショナル•ジャズ•ツインズのカール&アランが香港和僑会を訪問しました。

音楽の起業家を目指す二人にとって刺激のある訪問です。


昨年、カール&アランのクラウド•ファンディング•プロジェクトに協力してくれた高橋さんにお礼を伝え、香港和僑会会長の荻野さんに会いました。

香港は自由港なので世界中からたくさんの人が来てビジネスをしています。
日本人も多く、その中で起業をしている人たちが助け合うため、集まって和僑会を作りました。



/data/blog/archive/original/27579.jpg


この写真の左が会長の荻野正明さん。

荻野さんは、1960年代に香港にやってきてとても苦労をしたそうです。でも、イタリアに行ってその頃とても小さかったプラダというブランドを見つけ、育てて成功したそうです。そして、プラダで儲けたお金で香港にシティスーパーという高級食材を扱うスーパーを作りました。

音楽家になろうとする双子に荻野さんは、起業することについて話しました。
自分の経験を交えての話はとても面白く、ためになったようです。

荻野さんは、秋田県北秋田市で行われる「浜辺の歌100周年コンサート」に来ることを考えてくださるそうです。


/data/blog/archive/original/27580.jpg

こちらが事務局の高橋さんです。
カール&アランを香港から応援しています。

明日からカール&アランのツアーが香港でキックオフです。
和僑会の皆さんも演奏を見に来てくれます。

音楽の起業家目指してカール&アランは頑張ります。

カール&アランは、日本秋田ツアーの前に彼らの故郷のひとつ、香港で演奏しました。
香港は3歳から15歳まですごした思い出多い国際都市。

その香港でジャズスポットとして有名なピールフレスコとオレンジピールでライブ演奏をしました。

Peel Fresco 7-5-15 poster

これはカール&アランのためにピールフレスコが作ってくれたポスターです。

香港で初めて演奏した1年半前、彼らの才能を認め、双子をJazz Twins と名付けてくれて応援してくれたのはここのスタッフとお客さんでした。おかげで双子は多いに自信をつけ、CDレコーディング、日本ツアーと発展していきましたが、その原動力となった場所です。


IMG_2799

7月3日には、香港セントラルの有名なナイトスポット、ランカイフォン地区にあるオレンジピールで演奏。香港を拠点にアジア各地で演奏してきたアメリカ人ジャズピアニスト、ボブ・モカースキー(Bob Mocarsky)と熱いトリオ演奏を繰り広げて会場をわかせました。


IMG_2765

この写真は、演奏時間前にはじめて出会った3人が演奏曲について打ち合わせをしている様子です。

ジャズは即興の音楽なので、事前の練習時間があまりなくても本番の演奏がしっかりできるよう普段からの鍛錬が重要です。演奏1時間前に初めて出会った彼らが演奏曲目、演奏順などを話し合いあっている様子です。

アランのオリジナル曲「タイミ」も演奏しようとピアニストに楽譜が渡されたのもこの時です。一回、ざっと音合わせしただけですが、本番ではみごとに3人の息があった熱い演奏をして会場をうならせました。

IMG_2826

こちらは、5日のピールフレスコでの演奏風景です。香港のピアニスト、パトリック・ルイ(Patrick Lui)とトリオ演奏でした。パトリックとも初顔合わせながら、観客が大喜びの演奏を披露できました。


Peel Fresco 2014 poster

前述のように、彼らのスターティングポイント、ピールフレスコは彼らの心のふるさと。

上記のポスターは今回のライブのポスターですが、カウンターの後ろでは、この、額に入れられた前回のライブポスターが双子を待ち受けてくれました。


IMG_2838

ピールフレスコでは後半がジャムセッションになり、たくさんの香港やアメリカなどから来たミュージシャンが参加して熱いジャムセッションになりました。

これは、演奏が終わってからの記念撮影。

音楽は世界をつなぐといいますが、こうやって世界各国から来た人たちが集って即興の演奏を繰り広げられるのはジャズならではのこと。良い演奏をしたあとは皆笑顔がこぼれます。

これからジャズツインズのカール&アランは、音楽で世界をつないでいきます。

次は、日本でお会いしましょう。





 

↑このページのトップヘ