Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

September 2017

ノース•ミシシッピ•オールスターズ(North Mississippi Allstars)のコンサートに行ってきました。

1990年代に発表したデビューアルバムがいきなりグラミー賞にノミネートして以来、3度もノミネートされて世界のブルースロックを牽引しているグループです。


DSC06870


地元はもとより、世界にその名を馳せるこのブルースロックグループのパワフルな音楽にメンフィスの老舗野外音楽堂レビットシェルは満員。ライブはとても盛り上がりました。

左のギタリスト、ルーサー(Luther Dickinson)と、右のドラマー、コーディ(Cody Dickinson)のディキンソン兄弟が主要メンバーです。この二人は、ボブ•ディランやローリング•ストーンズなどとも共演し、メンフィス音楽の黄金時代の50-70年代にメンフィス発で世界の音楽の伝統を築き上げたレジェンドの一人、ジム•ディッキンソン(Jim Dickinson)の息子たち。しっかり、メンフィスの音楽の伝統を受け継いで世界に広めてくれている眩しい青年たちです。

DSC06878

彼らの音楽は、炸裂するコーディのドラムのビートにルーサーのギターのメロディと歌がぶつかる激しいながらもメロディアスで心にグッとくる音楽。ベースはウッドベースとエレキベースを使い分けて曲ごとの音調を盛り上げます。ドラムは2台編成で炸裂が2倍でした。

私は6年前にメンフィスに来て以来、メンフィスのドラムのレベルの高さに舌を巻き、メンフィスドラムは世界一だと確信していますが、このコーディは、その中でもダントツのレベルの高さ。

メンフィスのドラマーは、メロディーなしのドラムだけを音楽にしてしまうマジックを持っていますが、コーディのドラムソロに会場の皆が引き込まれるのは圧巻でした。

DSC06879

演奏の後にコーディとツーショット写真をとりました。

2月に日本のブルースロックのアーティスト、佐々木亮介がメンフィスでレコーディングした時、私がコーディネートをしたのですが、ドラマーはこのコーディ。ドラムがいいだけでなく、人柄も良いのでそれ以来すっかりファン&お友だちになりました。

亮介くんのソロアルバム、「LEO」は8月にリリースされましたが、日本から預かって来たので、ステージでしっかり手渡しました。このアルバムは、コーディの他にもメンフィスのレジェンドのホッジズ兄弟なども参加しているので、お宝度がとても高いのです。日米融合のすごい音楽になっているので日本のみなさんも聴いてください。

コーディたちは日本にまだ行ったことがなく、いつか行ってみたいそう。
いつか近い将来、彼らのすごい音楽を日本の人たちが生で味わえるチャンスがあればと思います。

まずはビデオでこのライブの様子をご覧ください。



North Mississippi Allstars ホームページ

セカンドアルバムのプロモビデオができました。
アルバムのタイトルは、Seeking Higher Groundに決定しました。
日本語だと「高きを目指して」という意味です。

憧れの先輩たちに支えてもらってできたアルバムはプロデューサーも会心の出来で、たくさんの人に聞いてもらいたい作品が出来ました。このアルバムでジャズってこんなに楽しいものなんだとジャズファンはもとよりジャズファン以外の人にも広めたいと思います。

こちらでアルバムの彼らが高きを目指していくストーリーと音楽をお楽しみください。

近々リリースの予定です。お楽しみに!


↑このページのトップヘ