Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

January 2016

近所のコンサートホールにバイオリニストの五嶋みどりさんがやってきました。
テネシー州メンフィス市のお隣、ジャーマンタウン市にあるGPACこと、ジャーマンタウン•パフォーミング•アーツ•センターです。

IMG_7798

ジャーマンタウン市には、クラシック界で世界的に有名なマイケル•スターン(Michael Stern)(写真右)が率いる世界的トップクラスのミュージシャンがマイケルさんの元に結集しているアイリス•オーケストラがあり、みどりさんは、アイリスとは何度目かの共演です。

みどりさんの演奏曲目は、メンデルスゾーンのバイオリン•コンチェルト。
名器、ストラディバリウスで奏でるみどりさんの音楽は、繊細で美しいの一言でした。
小柄な体全体を使って奏でる音楽は、本当に情感があふれます。

IMG_7794

800人ほどのホールはほぼ満席。
観客は大喜びで、最後は観客全員がスタンディング•オベーションでした。

テネシー州は、アメリカの主要都市からも遠いので、メジャーな音楽を聴けるなんて思わずに引っ越してきましたが、アイリス•オーケストラがあるおかげで素晴らしい音楽が楽しめます。
チケットも手頃な価格ですし、コンサート当日の土曜日の午前中は、公開練習を10ドルで見ることもできます。


IMG_7812


みどりさんという素晴らしい日本人音楽家を歓迎してテネシー日米協会がアイリス•オーケストラと一緒にコンサート前に歓迎交流会を開催しました。
世界で活躍するみどりさんの音楽自体が日米親善で、多くの人たちが彼女の音楽を通して出会うことができました。

みどりさん、コンサート後には、ロビーに出てきてくれてみんなと交流してくれました。

笑顔で写真撮影やサインをしてくれて、当地の日本人は大喜び。

私も早速ツーショットさせてもらいました。

日本人が少ない土地柄で、こうやって頑張っている日本人に出会えることはとても嬉しいことです。
この異国で頑張っている多くの日本人が、世界を舞台に活躍しているみどりさんに出会って元気をもらいました。

日本からの時差は15時間。ほぼ地球の裏側で、日本人であることが誇りに感じられるひとときでした。

カール&アランのインターナショナル•ジャズ•ツインズが、シアトルデビューしました。

シアトルの中心地にある老舗ジャズクラブ、Tula'sで、シアトルのピアニスト、ジョン•ハンセン(John Hansen)と一緒に、トリオ演奏会をしました。

IMG_7346

オリジナル曲や、スタンダード曲に加え、日本の曲、「さくら」も演奏しました。

シアトルのジャズクラブは、観客のレベルも高いのですが、Tula'sも、例にもれず、双子の演奏が始まると会場は真剣な雰囲気に包まれました。

IMG_7357

迫真に迫る双子の演奏に観客席からは大きな拍手をもらいました。

アーティストに厳しいと言われるマネージャーのジェイソンからは、「有名になっても、ここで演奏したことを忘れないように!そして、またおいで!」と、満面の笑顔のコメント。

会場と舞台が双子パワーに包まれたひとときをビデオでお楽しみください。

アランのおなじみオリジナル曲、「タイミ」の進化したシアトル•バージョンです。
下記の画像をクリックして演奏をお楽しみください。



 

↑このページのトップヘ