7月26日、カール&アランは北秋田市森吉四季美湖のほとりで演奏しました。

 

こちらですと案内された森吉ダム広報官建物の裏のデッキは、息を飲むほど美しい緑の山々に囲まれた湖でした。
森吉ダム湖です。

 

 

その湖の上のデッキです。

 

カルテットとトリオで演奏しました。

オリジナル曲やジャズのスタンダードを演奏しました。

 

北秋田市生まれの作曲家、成田為三の「浜辺の歌」も演奏しました。

 

北秋田市は、山あいにある市なので、浜辺はありません。

成田為三の「浜辺の歌」は、この森吉ダムから流れて行く水がたどりつく米代川がモデルになったとされています。

 

この水の上で「浜辺の歌」を演奏すると観客の人たちがことのほか喜んでくれました。

 

 

観客のみなさんがとても喜んでくれたので、とても盛り上がりました。

 

この森吉四季美湖畔でのコンサートは、今回が初めてだそうです。

森吉四季美湖を守る会、森吉四季美湖の宿を守る会の人たちが企画してくれたコンサートでした。
とても盛況だったので、これからこういうコンサートをシリーズにしたいと言ってくれました。

 

10月には、紅葉がとてもきれいなので、その頃に計画するそうです。

 

 

 


先日のあか松庵でのコンサートも初めてだそうです。

 

今まで音楽のなかったところに私たちの音楽の音色が響いて、次につながっていくのは本当にうれしいことです。 

秋田にジャズが広がっています。