Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

メンフィスのスタックスミュージアムに往年の栄華を飾ったスタックスレジェンドが一堂に会しました。
この100人ほどが参加したレセプションでは招待された日本人は私一人。

スターと直接お話できて、超ワクワクする楽しい時間を過ごし、スター・オーラを浴びまくる楽しい体験をしてきました。

DSC03941

こちらは当日来てくれたレジェンドのほんの一部。
同級生たちが久しぶりに集ったように、みんな大喜びでワイワイガヤガヤと本当に楽しそう。
外野の人たちもそれを見てみんなニコニコでした。

一番左は、Floyd Newman(フロイド・ニューマン)。以前、メンフィス・ビール・ストリートに埋め込む音符授与式に参加してブログに書いた人です。

久しぶりに会ったら覚えていてくれて、またまた昔話をしてくれました。
今年亡くなったBBキングのオリジナル・バンド・メンバーの最後の生き証人だそうです。BBキングも亡くなって今当時を語れるのはこの人だけになってしまいました。

前列左から3人めのスーツ姿は、エディー・フロイド(Eddie Floyd)
「ノック・オン・ウッド」というスタックスの大ヒット曲で世界に名前を残した人です。
スタックスの大スター、エディーですが、話したら、めちゃくちゃ気さく。
スターは気さくなんですね〜

そのおとなりの眼鏡の紳士が、アメリカ音楽界に名を馳せるスタックスの作曲家、デビッド・ポーター(David Porter)
正式に登録されている曲は1700曲を超え、グラミー賞受賞曲は5曲、楽曲提供は、アリサ・フランクリン、マライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、トム・ジョーンズなどたくさんのアーティストにしており、現在は、若手アーティストを育てることにも積極的な、アメリカ音楽歴史そのもののような人です。

右から2番目がスティーブ・ジョーダン(Steve Jordan)
この人はスタックスの人ではありませんが、若くしてスティービー・ワンダー・バンドで出発。右端のスタックスのスティーブ・クロッパーと一緒にブルース・ブラザーズ・バンドで活躍。若い頃は日本の郷ひろみのバックを務め、世界の有名な人がみんなこの人と演奏したがる、今超売れっ子のこれもまたアメリカ音楽の歴史をつくっているドラマーです。
日本人の私には、郷ひろみの思い出話をしてくれました。

一番右は、スティーブ・クロッパー(Steve Cropper)
この人ぞ、スタックスの歴史という人です。有名な曲をたくさん弾いてくれたギタリストで、エレキギターを弾くと、未だにほんとにぶっとぶすごい演奏をしてくれて日本でも根強い人気の人。スタックス・レコードの名曲の他、ブルース・ブラザーズの演奏で特に有名ですが、日本には毎年のように演奏ツアーに出かけています。スタックスの大ファンだった故忌野清志郎のツアーにも参加。レコーディングもしています。日本には来年3月にツアー予定だそうです。日本が大好きですで、忌野清志郎のレコーディングは本当に良い出来だったので多くの人に聞いて欲しいというメッセージをいただきました。

たくさんいたので全部ご紹介できませんが、スタックスのスターや関係者が何人も来ていたのは、今年、スタックスのエンジンのような人だったドラマー、故アル・ジャクソンJr(Al Jackson Jr)が、メンフィス・ホール・オブ・フェーム(メンフィス音楽の殿堂)入りをすることになったためです。

DSC03935

スタックスがたくさんのソウル・ミュージックを世に届けた成功の裏には、このアル・ジャクソンJrのきっちりとしたリズムをきざむドラムがあったからと言われています。超有名なのは、Booker T & MGの名曲「グリーン・オニオン(Green Onions)」
その名曲の原動力でした。

この曲はあまりにも有名なので、ソウルやR&Bなどのアメリカ音楽に興味のない人でも、その辺で耳にする、空気みたいなあるのがあたりまえすぎる曲になってしまっています。

アルは、上記のスティーブ・クロッパーと一緒にバンドで演奏して、スタックスを牽引していましたが、1975年に39歳の若さで亡くなってしまいました。

我が家の双子のカール&アランのプロデューサー、ドナルド・ブラウン(Donald Brown)も若い頃、スタックスのスタジオ・ミュージシャンでした。それは、このアル・ジャクソンJrに出会ったことで始まり、音楽的に大きな影響を受けたということ。カール&アランもその流れを受け継いでいる所があります。

そんな話しをデビッド・ボーターと話して、一緒にしんみりと感傷的になりました。

いろんな人たちがずーっと一生懸命がんばってくれていて、今、双子を含めて若い世代に受け継がれていることがとてもうれしいことです。

スティーブ・ジョーダンは、スタックス・ミュージック・アカデミーに時々指導に来てくれていますが、このイベントで演奏した学生たちに一生懸命話してエールをおくってくれていました。

スタックス・レコードはなくなってしまいましたが、その栄華と伝統は今も脈々と受け継がれています。



 

スプーナー・オールダム(Spooner Oldham)のCDリリースパーティに行ってきました。
メンフィスのスタックス博物館です。

IMG_5487


スプーナー・オールダムは、アラバマ州のマッスルショールズという有名音楽を次々と世に送り出した有名レコーディングスタジオで、アリサ・フランクリン、ボブ・ディラン、パーシー・スレッジなど、世界音楽史に残る名曲を演奏したキーボード奏者。その他にもツアーをした人は、リンダ・ロンシュタット、ニール・ヤングなど、セッションミュージシャンとしては、エヴァリー・ブラザーズ、リタ・クーリッジ、レターメン、ジャクソン・ブラウンなど大物が数えきれず。

検索したら、この有名な曲もあの有名な曲もこの人が演奏したのがわかって、びっくりするほどたくさんの世に残る名作をつくり出した影の立役者でした。本当に知る人ぞ知るミュージシャンです。日本にも根強いファンがたくさんいるようです。

スプーナーは70年代メンフィスのスタジオで働いていたこともあったとのことで、リリースパーティには友人知人などメンフィスの音楽関係者も多く出席して、なかなかおもしろい面々がそろったイベントでした。

スタジオミュージシャンとしてレコーディング、そして多くのミュージシャンとツアーに出て活躍したものの、自身のアルバムは今回再プレスされた「ポットラック」一枚のみ。それも1972年レコーディングしたものの、多くの人目に触れることのなかったものです。それが復刻版として世に出ることになりました。

スタックス博物館のスタジオAでのトークショーでは、スプーナーが、CDのこと、マッスルショールズスタジオやいろいろなミュージシャンとのレコーディングの時の思い出話をしてくれました。

現在72歳だそうですが、飾らず、平常心で話すスプーナーが、とつとつ、たんたんと語る姿からは、本人の音楽に対する姿勢もしのばれます。

IMG_5492

実演もあり、演奏して歌をうたってくれました。

見覚えのある楽器だと思ったら、近くのロイヤルスタジオの年代物フェンダー・ローズ。

スプーナーのキーボード演奏は、まさに話しぶりと同じで、淡々としたものでした。
決して派手さはないけれど、歌手を盛り上げる縁の下の力持ちとしての力量がしのばれる演奏でした。

サイン会で少し会話しましたが、気さくな人です。
日本は何度か行き、気に入っているのでまた行きたいと言っていました。

こちらが、42年ぶりに復刻された、アルバム、「ポットラック」。
持ち寄りパーティなどによく使われる言葉で、「持ち寄り」という意味です。



帰り道に車でアルバムを聞きながら帰りました。

42年前の歌声と今の歌声が全く同じで、びっくりしました。
変えないスタンスでずっとやってきているのでしょう。

アメリカ音楽の歴史はこういう人たちによってささえられています。
一本気な職人気質が彼の奏でる音楽と歌声にでていて、根強いファンがいるということにもうなずけました。

Spooner Oldham poster

こちらがスタックスでつくったイベントポスター。

スタックスは多くのミュージシャンを応援しています。





8月28日、29日の2日間、テネシー州ノックスビルでジャズフェスティバルがあり、カール&アランがセクステット(6人編成バンド)で出演しました。

28日の初日は、ジャズ界に名を馳せるサックス奏者、Benny Golson(ベニー・ゴルソン)、フランスが誇るジャズピアニスト、Manuel Rocheman(マニュエル・ロシュマン)によるオープニングコンサート。演奏の合間にベニーが語るジャズマンとの思い出話はジャズ最盛期のハイライトを飾るような話しばかりで観客も多いに楽しみました。マニュエルは、パリのエスプリをふんだんに盛り込んだ美しいサウンド。心地よい調べはスタンディングオベーションで終了。アンコールはソロピアノで楽しませてくれました。

29日が午後から真夜中までジャズ三昧のフェスティバルで、カール&アランは、19歳の最年少アーティストとしてジャズフェスティバルデビューをしました。若手ジャズミュージシャン6人のカール&アラン・マグワイアセクステットです。

IMG_4935

同年代の元気な若者たちは、このチャンスを多いに楽しみ、とてもパワフルなステージとなりました。

カール&アランが一環して取り組んできている、日本の歌をジャズにする日米親善もかねた取り組みも盛り込まれ、ドナルド・ブラウン編曲で来年作曲100周年を迎える「浜辺の歌」、そして日本の歌として海外アーティストも取り上げるので有名な「さくら」も演奏し、観客の喝采を浴びました。


IMG_4958

こちらが、若いジャズパワーのカール&アラン・マグワイアセクステット (Carl & Alan Maguire Sextet)

左から、
ルーサー・アリソン (Luther Allison, keyboard)
ケルビン・ウォルターズ (Kelvin Walters, alto sax)
ハンター・スミス (Hunter Smith, tenor sax)
アラン・マグワイア (Alan Maguire, bass)
カール・マグワイア (Carl Maguire, drums)
ジョーイ・サントーロ (Joey Santoro, guitar)

ノックスビルの中心部のビジューシアター、スクエアルーム、スクラフ・シティ・ホールの3会場でのジャズフェスティバルは、今回が6度目。小さいながらもこだわりとジャズらしさがある良いフェスティバルでした。ノックスビルのジャズ界に君臨するドナルド・ブラウン(Donald Brown)が自らセレクトしたミュージシャンが結集してかなりのハイレベルです。

KnoxJazzFest2015 line up

こちらが、ノックスビルジャズフェスティバルのプログラム。

カール&アラン・マグワイアは2日目の午後7時からのプライムタイム出演でした。





 

7月29日、カール&アランが、成田為三のふるさと、能代市二ツ井でコンサートを開催しました。
 

 

「浜辺の歌」を自分たちのサウンド・オブ・ミュージック(音楽の音色)にしてお届けしました。
 

多くのお客様が、ジャズは聴いたことがないという人が多かったのですが、小野輪太郎さんと一緒の秋田発ジャズトリオの演奏にノリノリになってくれました。

 

「びっくりした!」

「鳥肌がたった」

「背中がゾクゾクした!」
 

と、みなさん、ジャズのことをよく知らなくとも多いに楽しんでくれました。
 

ツインズツアーも後半戦です。

多くの人たちに温かい手を差し伸べてもらってできています。
 

「秋田から世界へ!」

実現させられるようがんばっています。

コンサート終了後、能代市議の菅原さんから以下のコメントをいただきました。

菅原隆文 (秋田県能代市議会議員、スガワラスポーツ代表取締役)
行ってきました二ツ井会場。80人位の観客のうち、私を含めて(私はビートルズ世代)ジャズにそんなに興味のない人が半分かな、知ってる曲もほとんどない2時間半でしたがビックリ!兄のカールのドラムス、弟のベースのアランの超絶なテクニック!曲が進む毎にトリオが乗ってきて大声援の中で終了しました。最後の曲(曲目知りません!)は鳥肌が立ちました。(ジャズは初めてだろうという高齢者もノリノリ)多分すぐに世界中の評判になるだろうカール&アラン、いいもの見せていただきました、楽しませて頂きました。
 

7月28日、カール&アランにとって久々のオフの日、二日後に演奏する秋田県能代市二ツ井を訪れました。

 

カール&アランのジャズの師匠、グラミー賞受賞のサックス奏者、カーク・ウェーラムとグラミー賞6回ノミネートのピアニスト、ドナルド・ブラウンと一緒に双子のデビューCDに収録し、ずっと演奏しつづけている「浜辺の歌」のルーツを訪ねたのです。

 

 

「浜辺の歌」作曲家、成田為三が4歳から17歳までをすごした場所です。

 

カール&アランのコンサートは、その「浜辺の歌」のルーツ、能代市二ツ井で行われることになっているので、その曲のルーツを知る事が大切と考えました。

 

99年前といえば今のように交通が発達していない時代です。
成田為三は二ツ井から浜辺の歌を作曲する時、遠い海の浜辺ではなく、この米代川の砂地を思い出して書いたと言われています。

 

成田為三の育った二ツ井の仁鮒(にぶな)にいってみると、米代川が蛇行して浜辺のような砂地が確かにありました。

 

この風景を見ながら成田為三は何を考えていたのでしょう? 

 

 

それから郷土史研究かの伊藤徳治さんに会いに行きました。

 

伊藤さんは、成田為三のことを研究しています。
コンサートではスピーチもしてくださる予定です。

 

「浜辺の歌」は、こうして人々の心に生き続け、私たちに多くのすてきな出会いをもたらしてくれました。

 

ますます良い音楽は長い時間を越えて残ることを実感しました。

カール&アランホームページ
http://www.carlalanmaguire.com/

 

7月26日、カール&アランは北秋田市森吉四季美湖のほとりで演奏しました。

 

こちらですと案内された森吉ダム広報官建物の裏のデッキは、息を飲むほど美しい緑の山々に囲まれた湖でした。
森吉ダム湖です。

 

 

その湖の上のデッキです。

 

カルテットとトリオで演奏しました。

オリジナル曲やジャズのスタンダードを演奏しました。

 

北秋田市生まれの作曲家、成田為三の「浜辺の歌」も演奏しました。

 

北秋田市は、山あいにある市なので、浜辺はありません。

成田為三の「浜辺の歌」は、この森吉ダムから流れて行く水がたどりつく米代川がモデルになったとされています。

 

この水の上で「浜辺の歌」を演奏すると観客の人たちがことのほか喜んでくれました。

 

 

観客のみなさんがとても喜んでくれたので、とても盛り上がりました。

 

この森吉四季美湖畔でのコンサートは、今回が初めてだそうです。

森吉四季美湖を守る会、森吉四季美湖の宿を守る会の人たちが企画してくれたコンサートでした。
とても盛況だったので、これからこういうコンサートをシリーズにしたいと言ってくれました。

 

10月には、紅葉がとてもきれいなので、その頃に計画するそうです。

 

 

 


先日のあか松庵でのコンサートも初めてだそうです。

 

今まで音楽のなかったところに私たちの音楽の音色が響いて、次につながっていくのは本当にうれしいことです。 

秋田にジャズが広がっています。 

7月25日、カール&アランは秋田県内在住東日本大震災被災者のイベントで演奏しました。

 

カール&アランの秋田から世界へ!ツアーを応援してくれている北秋田市のまちなかトーブは、被災者応援イベントをたくさん開催しています。

 

今日のイベントは、秋田県内の被災者が秋田内陸縦断鉄道にのって各地から北秋田市の阿仁合ふるさと文化センターにやってきました。

 

みそつけきりたんぽや笹もちなど地元のおいしいものでのおもてなしのあと、カール&アランが、ジャズを演奏して被災者たちと一緒に音楽を楽しみました。

 

 

 

子どもたちもたくさんいました。

 

ジャズをきいたことがない人たちが多かったですが、私たちの演奏を一生懸命きいてくれました。


 

 

 

二人でのデュオ演奏の他、ジャズの音楽にあわせて、パーカッションをみんなで一緒に演奏して楽しみました。

 

震災でずっと長いこと避難している人たちは本当に大変だと思います。

 

そんななかで、生の音楽で楽しめるくれたひとときをお届けできたことがうれしいイベントでした。

7月23日、秋田市のカフェ・ブルージュでカール&アランがライブを行いました。

 

 

 

カフェ・ブルージュで時々演奏するカフェ・ブルージュバンドのみなさんとカルテットで一緒に秋田の新しいサウンドを造りました。

 

観客との距離感が近いこともありますが、ジャズ好きが多い秋田市の観客は反応がよくてミュージシャンにとってはうれしいライブでした。

 

 

ツアー実行員25人の一人の小松薫さんです。

 

ライブを企画、運営してくれました。

 

おかげさまでライブは満席で多いに盛り上がりました。

 

秋田のみなさんに温かく見守られてツアーも中盤です。

これからもさらにがんばります。

↑このページのトップヘ