Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいと感じたことを発信します。

The Maguire Twinsのアルバム、Seeking Higher Ground(高きを目指して)が全米ジャズチャート入りしました!

Screen Shot 2018-06-14 at 9.40.53 PM

全米ジャズチャートは、Jazz Weekという会社が取り行っており、そこで全米のジャズ番組をもつラジオ局でかかった回数を統計しています。
トップ50に入ったら初めてチャート入りしたことになります。


Seeking Higher Ground

The Maguire Twinsは6月18日のチャートで32位でジャズチャート入りを果たしました。

その後、36位、39位と3週間連続でチャート入りしています。

本人たちのコメントは、
「とてもびっくりしています。尊敬するアーティストの皆さんと一緒にジャズチャートに載ることができて本当に光栄に思います。応援してくれた皆さんに感謝しています。」

とのこと。

今後も引き続き頑張るそうです。

2018年3月30日リリースです!

Three Tree RecordsよりThe Maguire Twinsのアルバム Seeking Higher Groundがリリースされます。


SHG Cover

世界にさきがけてまずは日本で発売です。

お買い求めは、以下のサイトからどうぞ!

ディスクユニオン
http://diskunion.net/jazz/ct/detail/1007597523

HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_Maguire-Twins_000000000747945/item_Seeking-Higher-Ground_8601055

タワーレコード
http://tower.jp/item/4692013/Seeking-Higher-Ground

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15433045/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

Catfish Records
http://www.catfish-records.jp/product/24001

Vento Azul
http://ventoazul.shop-pro.jp/?pid=127966502

Amazon
https://www.amazon.co.jp/Seeking-Higher-Ground-Maguire-Twins/dp/B07BTQHZK4

秋田県北秋田市日活書店でも販売しております。
日活書店
秋田県北秋田市住吉町9-15
Tel. 0186-62-1666

The Maguire Twinsがケンタッキー州知事邸で演奏しました。

ケンタッキー日米協会主催の新年会は毎年恒例の行事で、とても優雅なケンタッキー州知事邸で盛大に行われます。
トヨタをはじめとしてたくさんの日本企業が活動するケンタッキー州では日米協会によって日米親善の行事がたくさん行われています。新年会にはケンタッキー州やオハイオ州の日系企業、日本と取引するアメリカ企業などで働く人たちが参加して交流を深めました。


DSC08424

Matt Bevin州知事とマグワイア•ツインズ•カルテット

日米をジャズでつなぐマグワイア•ツインズも昨年に続き、今年も親善に一役かって新年会を盛り上げました。

ケンタッキー州知事は、若かりし頃、日本に住んだこともあるそうで、日米親善にはことの外力を入れています。

DSC08432

杵渕日本総領事とマグワイア•ツインズ•カルテット

新年会にはナッシュビル日本総領事館から杵渕総領事夫妻が参加しました。

DSC08381

雪がまだ残るケンタッキー州知事邸で、参加者は楽しく日米国際交流を深めたのでした。




ジャズコングレス会議に出席しました。

ニューヨークのジャズの殿堂、Jazz at Lincoln Centerで1月11日、12日アメリカや世界のジャズ関係者が一堂に会してジャズについて情報を交換し、ジャズの未来を語り合いました。

swbhwPZ7SEWiSYghxCGCtA

オープニングは、Jazz at Lincoln CenterのArtistic Directorのウィントン•マルサリスたちがジャズと人種についての含蓄あるトーク。ウィントンのウィットに富んだトークは会場の人々を惹きつけてさすがでした。

pwxyh4DURUqR5tseCFTyag

キーノートスピーカーは、カリーム・アブドゥル=ジャバーKareem Abdul-Jabbar) 70,
80年代に活躍した伝説のバスケットボール選手です。ハーレムで育った彼は、ジャズに囲まれて育ったそうです。ジャズを通して発信されて来たことは、アメリカの黒人文化であり、抵抗、インスピレーション、そしてイノベーションであると述べ、このさらなるジャズの啓蒙を訴えました。
そして、即興の音楽であるジャズは、全てを受け入れる音楽であり、完璧でないことを完璧な音楽にしまう音楽である。ジャズは人々をより良い気分にしてくれるだけでなく、人々そのものをより良いものにすると結び、参加者に大きな共感を呼びました。

fullsizeoutput_18db7

2日目は、Jazz at Lincoln Center ホールでの Jazz at Lincoln Center Orchestraのリハーサルも見学。

fullsizeoutput_1778a

パネルディスカッションなどで、ジャズ業界の現状と今後について多くの人と出会い、意見をかわしました。

fullsizeoutput_176e9

ジャズミュージシャンもたくさんやって来て、会議を盛り上げました。
こちらは、キューバ出身のクラリネットの巨匠 パキート• デリヴェラ氏(Paquite D'Rivera)

fullsizeoutput_17787

メンフィス出身のジャズピアノの巨匠 ハロルド•メーバーン氏(Harold Mabern)です。

ジャズの未来をみんなで作っていけたらと思います。



自主レコードレーベルが発足しました。

Three Tree Recordsです。
良いジャズを世にお届けするレーベルです。

ロゴは森の字のイメージして、三本の木です。
安心の良い音楽を提供していけるよう、信頼の色青をメーンに使い、いつも繁栄できるよう形は常緑樹です。緑の影をつけて常緑の緑をアピールしました。

皆様に信頼していただける良い音楽をずっと提供していけるレーベルに育てていきたいと思います。

第一弾は、ザ•マグワイア•ツインズのSeeking Higher Ground

2018年3月30日リリースです!

どうぞよろしくお願いいたします!

Three Tree Records 10 a

ホームページ http://www.threetreerecords.com/

Facebook   https://www.facebook.com/threetreerecords/

メンフィスの音楽業界コミュニティクリスマスパーティがありました。
年に一度、音楽の都の音楽業界の人が一堂に会するパーティで、たくさんの楽しい人たちと親交を深めました。

DSC08153

左はジョン•ネメス (John Nemeth)、メンフィスを代表する超人気のブルース歌手です。アイダホ州出身ですが、現在はブルースシティのメンフィスを拠点として連日全米やヨーロッパを駆け巡る超引っ張りだこのアーティスト。私もその歌声を聞いたことがありますが、「すばらしい!」の一言。人柄も気さくで楽しい人です。日本でもアルバムが販売されてますので、ぜひお聞きください!

右は、ブルース協会(Blues Foundation)会長のバーバラ•ニューマン(Barbara Newman)。ブルース発祥の街、メンフィスには世界に誇るブルース協会があり、ブルースの保存と啓蒙に勤めています。このパーティの会場もブルース協会が作ったブルース•ホール•オブ•フェイム(Blues Hall of Fame)という博物館です。


DSC08162

メンフィスの左は、私の大好きな歌手のトニ•グリーン(Toni Green)。若い頃7オクターブの驚異的な音階をもっていたというすごい歌声の持ち主は現在もディーバとして活躍しています。真ん中はメンフィスが誇るグラミー賞受賞プロデューサー、ローレンス•ブー•ミッチェル(Lawrence Boo Mitchel)。ブルーノ•マーズのUptown Funkプロデュサーとして昨年グラミー賞受賞をしました。世界中のミュージシャンが憧れる伝説のスタジオ、ロイヤル•スタジオ(Royal Studios)のオーナー です。

DSC08163

こちらは、メンフィスの伝説レコードショップ、シャングリラレコード(Shangri-la Records) 店長のジョン (John Miller)。メンフィス音楽を中心としたビンテージレコード屋さんで世界中にファンがいるそうです。

他にもたくさん面白い人がいて、楽しすぎて最後までいてしまいました。




Carl & Alan Maguire が The Maguire Twinsとしてデビューすることになりました。

Carl & Alan close up

今までCarl & Alan Maguireとしてユニットで活動してきたカールとアランの双子がこの度The Maguire Twinsとして活動をすることになりました。

新アルバムは2018年3月30日にリリースされ、全米キャンペーンを始めます。
マルサリス兄弟、ブレッカー兄弟など兄弟で活動している有名ユニットも多いジャズ界に、マグワイア兄弟も参加です。兄弟ながら双子は特にユニークなので、マグワイア•ツインズになりました。

今後はさらに研ぎ澄まされた音楽を届けられるように研鑽していく双子をぜひ応援してください。

ホームページ http://www.themaguiretwins.com/

メンフィスにMusic Cities Conventionがやって来ました。
ロンドンにベースを置くこの会議は、音楽で町おこしをする街と音楽をつなぐ世界的な会議です。
第5回目は10月25-27日の3日間、音楽の都、メンフィスで開催されました。

DSC07569

初日はパネルディスカッション、プレゼンテーションがあり、音楽を使って何ができるかがテーマ。各国、各地の取り組みが発表され、アメリカをはじめとして、カナダ、エストニア、中国など各国で音楽で様々な町おこしに取り組む街の活動が発表されました。

DSC07582

二日目は、ラウンドテーブル方式で、参加者が一緒にこれからできること、したいことをテーマに沿って話し合うとても建設的なディスカッション。ここでさらに新しい出会いがたくさんあり、私も音楽で何ができるのか広い視野を持つことができました。テキサス州オースティン、ミシガン州デトロイトなどの取り組みは市が率先して頑張っていて面白かったです。これから音楽の都を目指す中国四川省の成都の取り組みは今後が期待されました。

DSC07576

最後の晩のパーティは、メンフィスのブルース•ホール•オブ•フェーム博物館(Blues Hall of Fame)。ここでまたお友達が増えました。

来年は、4月にオーストラリアのメルボルン、10月にルイジアナ州のラファイエットの二本立ての開催予定です。10月にまた参加したいと思った会議でした。






ノース•ミシシッピ•オールスターズ(North Mississippi Allstars)のコンサートに行ってきました。

1990年代に発表したデビューアルバムがいきなりグラミー賞にノミネートして以来、3度もノミネートされて世界のブルースロックを牽引しているグループです。


DSC06870


地元はもとより、世界にその名を馳せるこのブルースロックグループのパワフルな音楽にメンフィスの老舗野外音楽堂レビットシェルは満員。ライブはとても盛り上がりました。

左のギタリスト、ルーサー(Luther Dickinson)と、右のドラマー、コーディ(Cody Dickinson)のディキンソン兄弟が主要メンバーです。この二人は、ボブ•ディランやローリング•ストーンズなどとも共演し、メンフィス音楽の黄金時代の50-70年代にメンフィス発で世界の音楽の伝統を築き上げたレジェンドの一人、ジム•ディッキンソン(Jim Dickinson)の息子たち。しっかり、メンフィスの音楽の伝統を受け継いで世界に広めてくれている眩しい青年たちです。

DSC06878

彼らの音楽は、炸裂するコーディのドラムのビートにルーサーのギターのメロディと歌がぶつかる激しいながらもメロディアスで心にグッとくる音楽。ベースはウッドベースとエレキベースを使い分けて曲ごとの音調を盛り上げます。ドラムは2台編成で炸裂が2倍でした。

私は6年前にメンフィスに来て以来、メンフィスのドラムのレベルの高さに舌を巻き、メンフィスドラムは世界一だと確信していますが、このコーディは、その中でもダントツのレベルの高さ。

メンフィスのドラマーは、メロディーなしのドラムだけを音楽にしてしまうマジックを持っていますが、コーディのドラムソロに会場の皆が引き込まれるのは圧巻でした。

DSC06879

演奏の後にコーディとツーショット写真をとりました。

2月に日本のブルースロックのアーティスト、佐々木亮介がメンフィスでレコーディングした時、私がコーディネートをしたのですが、ドラマーはこのコーディ。ドラムがいいだけでなく、人柄も良いのでそれ以来すっかりファン&お友だちになりました。

亮介くんのソロアルバム、「LEO」は8月にリリースされましたが、日本から預かって来たので、ステージでしっかり手渡しました。このアルバムは、コーディの他にもメンフィスのレジェンドのホッジズ兄弟なども参加しているので、お宝度がとても高いのです。日米融合のすごい音楽になっているので日本のみなさんも聴いてください。

コーディたちは日本にまだ行ったことがなく、いつか行ってみたいそう。
いつか近い将来、彼らのすごい音楽を日本の人たちが生で味わえるチャンスがあればと思います。

まずはビデオでこのライブの様子をご覧ください。



North Mississippi Allstars ホームページ

セカンドアルバムのプロモビデオができました。
アルバムのタイトルは、Seeking Higher Groundに決定しました。
日本語だと「高きを目指して」という意味です。

憧れの先輩たちに支えてもらってできたアルバムはプロデューサーも会心の出来で、たくさんの人に聞いてもらいたい作品が出来ました。このアルバムでジャズってこんなに楽しいものなんだとジャズファンはもとよりジャズファン以外の人にも広めたいと思います。

こちらでアルバムの彼らが高きを目指していくストーリーと音楽をお楽しみください。

近々リリースの予定です。お楽しみに!



↑このページのトップヘ