Jazz Twins

双子の若手新進ジャズミュージシャンの母がアメリカ南部メンフィスから、見て、聞いておもしろいことを発信します。

メンフィスのロイヤル•スタジオでレコーディングのお手伝いをしました。

演奏者は、メンフィスが誇る世界のホッジズ兄弟など、メンフィスの錚々たるミュージシャンが勢ぞろい。
メンフィスの有名音楽スタジオ、ロイヤル•スタジオのレコードブランド、ハイ•レコードのハウスバンドのハイ•リズム•セクション(High Rythm Section)メンバーとしてメンフィスの音楽を世界的に有名にした立役者たちです。

Hodges Leroy golden discs
飾ってあるゴールデン•ディスクの全部で演奏した様子を説明してくれたリロイ•ホッジズ(Leroy Hodges, 1950~)

ロイヤル•スタジオといえば、グラミー賞8回受賞のアル•グリーン(Al Green)がレコーディングして有名になったことで有名。あまりに有名な曲なため、ソウル•ミュージックファンでなくとも、彼らが伴奏した音楽を聴いたことのある人も多いはずです。

スタジオの壁には数々のゴールデン•ディスクが飾ってあり、このゴールデンディスク全部の演奏に参加してロイヤル•スタジオからの世界最高峰の音楽を作り上げた影の立役者がホッジズ兄弟なのです。

生の演奏は初めて聞きましたが、楽器を魔法使いのように使いこなし、何気ない音一つ一つにも創意工夫と思い入れが詰まって聞く人を唸らせます。
その妥協のない音は弾くごとに研ぎ澄まされ、出来上がった音楽には鳥肌が立ちました。


Hodges Chales Fender

お兄さんのCharles Hodges Sr.   (1947~) ハモンドオルガン、ピアノ、キーボード奏者。
妥協がなく、とことん音を追求する姿に世界のトップ奏者の執念が伺われます。
写真ではヴィンテージのフェンダー•ローズのキーボードを演奏しています。


二人とも10代前半からミュージシャンだったお父さんのバンドで演奏して腕を上げ、10代後半でロイヤル•スタジオ•オーナー でトランペット奏者、ウィリー•ミッチェル(Willie Mitchell)に見出されてスカウト。

最初は、兄でギタリストでグラミー賞受賞曲の作曲家、ティニー•ホッジズ(Teenie Hodges 1945-2014)がハウスバンドに参加。その後この弟たちも参加し、グラミー賞8回受賞のアル•グリーン(Al Green)とレコーディング、世界的なヒット曲を次々と生み出して世界各地をツアーしました。
メンフィスの音楽を世界に知らしめたのです。

日本にはもう何度も行ったことがあり、今年も4月にツアーが予定されているそうです。

生演奏は聞くと、鳥肌が立ちます。

Hodges Leroy

ベースを演奏するリロイ。
淡々とリズムを刻み、すごい音楽のベースを紡ぎあげます。


Hodges, Charles


チャールズさんはハモンドオルガンで有名ですが、しっかり、しっとりした演奏にオリジナリティーがバッチリ。本当に惚れ惚れします。

お二人とも大変気さくで、飄々としていてとても楽しい人たちです。
一緒の写真も楽しく撮らせていただきました。

メンフィスに来て素敵な音楽にたくさん出会いますが、今回もまた特にうれしい音と人との出会いでした。

多くの人に聞いてもらいたい音楽は、リリースの詳細が決まったらまたブログでご紹介いたしますのでお楽しみに!
 

ニューヨークでジャズフェスに行ってきました。
2005年から始まったのウィンタージャズフェスティバル(Winter Jazz Festival)は、今年、グリニッジ•ヴィレッジ地区をメーンに14ステージで5日間開催。

Nubluというメーン会場地区からちょっと外れたところにあるクラブは広々としていて、早く着いたら最前列で迫力のある演奏が楽しめました。

DSC00807


写真は、暗くて顔がちょっと隠れてますが、若手ジャズドラマーのケンドリック•スコット(Kendrick Scott)のオラクル。
双子のカール&アランがプライベートレッスンやワークショップで、その指導力が高さと、真摯な性格に感激し、一家でファンになったアーティストです。

DSC00814


私たちは、6、7日の金、土の週末の会場行き放題ジャズマラソンに参加。
2晩で80ドル行き放題のお得ジャズフェスでした。


DSC00865


とても寒い日でしたが、一日目に続き、二日目も若手アーティストが出るNubluに早めに到着。
発展目覚ましい若手ドラマー、エリック•ハーランド(Eric Harland)バンドに、マーカス•ギルモア(Marcus Gilmore)と期待の若手ジャズミュージシャンたちの演奏を最前列で堪能しました。
写真はマーカス•ギルモア。


DSC00861


なぜか、その日は、ジャズのこれからを担うようなミュージシャンがそこに集っていました。
ノックスビル•ジャズ•フェスティバルで出会ったテレオン•ガリー(Terreon Gully) など懐かしい人も来ていて再会が嬉しい瞬間も。


DSC00855

でも、中でも大物はこの人! 
ドン•ワズ(Don Was)。

ベース奏者で、ローリングストーンズなど世界の大物スターの名プロデューサーとして有名で現在ブルーノートレコード社長。

居合わせたジャズ関係の人が「この人と一緒に写真をとりなさい!」と言ってくれて実現した一枚です。

すごいオーラ発散してました。


こちらでケンドリック•スコット•オラクルの演奏をちょこっとお楽しみください。



 

ニューヨークで行われたジャズ•コネクト会議に出席しました。

4月にドイツのブレーメンで行われたジャズアヘッド会議に続いてジャズ関係者の会議はこれが二度目。
今回はアーティストの双子とそのマネージャーとして親子で出席。

1月5,6日の二日間にわたって開催された会議は、ジャズを長年サポートしてきたことで有名なニューヨークのセント•ピーターズ教会を会場に、数百人のジャズ関係者で活気にあふれました。


IMG_2274IMG_2281

初日のキーノート•スピーカー(基調演説)は、グラミー賞アーティスト、マリア•シュナイダー(Maria Schneider)。ジャズの現状について熱く語りました。
また、ジャズ功労者に与えられるBruce Lundvail Visionary Awardの受賞者は、ベーシストのクリスチャン•マクブライド(Christian McBride)でした。


DSC00780DSC00744


二日間朝から夕方まで様々なセミナー、パネルディスカッションがあり、業界の第一線で働いている人たちが生の話をし、意見を交換します。

レコーディング会社の実態と今後、ソーシャルネットワークを使って発進するビジネスについてなど、議題は様々。多様に変化する社会にジャズ界も対応して新しいビジネスの形を模索しているのがわかりました。

DSC00794DSC00796

一日目、二日目ともに締めくくりは、ネットワークレセプション。
名刺交換をしてネットワークが広がります。
日本人も数人発見。
今後の協力を約束し会いました。
写真右の真ん中の背が高い男性は主催者のリーさんです。ジャズ雑誌JazzTimesの発行人です。


DSC00788DSC00793

今年のパートナー国はイスラエル。
イスラエルのジャズ状況についてのセミナーの後は、イスラエルからやってきた素晴らしいジャズカルテットのショーケース演奏がありました。
アメリカのジャズ界でトップアーティストたちと活躍し、現在イスラエル在住サックス奏者のエリ•デジブリ(Eli Degibri)がイスラエルを代表して若いアーティストたちを引き連れてうっとりとするような演奏をしてくれました。

カルテットの若手ピアニスト、トム•オレン(Tom Oren)が素晴らしい演奏を披露したのですが、双子のカール&アランが高校時代に特待生として参加したバークリー音楽院夏期講習でのクラスメートだったことがわかり、3人で再会を喜びました。

トムのピアノソロはこちらでご覧ください。




Jazz Connect 
ホームページ



 

あけましておめでとうございます!

世界的に2017年になりました。
アメリカのメンフィスなんて街に住んでいると、時差のせいで、日本やヨーロッパが新年になってもまだまだ大晦日が続いて不思議でしたが、ここもようやくお正月です。

日本のように賑やかな行事は何もなく、2日からは普段の生活に戻るのがアメリカの生活です。

カール&アランは、今年2枚目のアルバムをドナルド•ブラウン (Donald Brown)プロデュースでレコーディングをするので、昨年の活動集大成をビデオに編集して新年のご挨拶です。

一昨年前のノックスビル•ジャズ•フェスティバルで知り合って意気投合したフランスのジャズ•ピアニスト、マニュエル•ロシュマン (Manuel Rocheman) と双子のジャズユニット、ユーラシアン•プロジェクト(EurAsian Project) の演奏 に乗せて昨年の双子の活動の軌跡をご覧ください。

 

カール&アランのジャズ•ツインズ(Carl & Alan Maguire)が、12月17日、メンフィスのスタインウェイ•サタデー•コンサートでジャズの調べを奏でました。

音楽の都メンフィスとその近郊で唯一のスタインウェイピアノ取り扱い店、AMRO Musicのショールームで行われたコンサートは、スタインウェイのコンサート用グランドピアノの伸びやかな音色とカール&アランの若いエネルギー溢れるリズムセクションの音色が重なる演奏です。

DSC00442

メンフィスは聞き手も耳が肥えているので、頷きながら聞き入る人も多く、ミュージシャンの演奏にも熱が入ります。

IMG_5934

当日の演奏は、カールがドラム、アランがベース、スタインウェイピアノの演奏は、層の厚いメンフィスのトップピアニスト、Alvie Givhande

ゲストに双子のスタックス•ミュージック•アカデミー以来仲良しのサックス奏者、Reginald Whiteが数曲参加して演奏をさらに盛り上げました。

演奏は一部と二部があり、休憩には、ワインとおつまみサービス付き。
スタインウェイ•サタデー•コンサートは毎月開催で、なんと無料で楽しめるとても優雅なイベントです。

コンサートで演奏した双子のクリスマスミュージックをお楽しみください。




 AMRO Music
2918 Poplar Avenue, Memphis, TN 38111
Tel. 901-323-8888
 

    日本が誇る世界のジャズピアニスト、松居慶子(Keiko Matsui)さんがメンフィスに来てくれたので楽屋にお邪魔しました。


    DSC00333


    ジャズピアニストを目指さなかったのになぜかなってしまったという慶子さん。
    小柄なのに舞台に立つとすごい音楽を奏で、とってもでっかく見えます。

    DSC00325

    メンフィスには、メンフィス出身のグラミー賞受賞者、カーク•ウェーラム(Kirk Whalum)さんのA Gospel According To Jazz Christmasツアーで来てくれました。
    カークさんは、我が家の双子がStax Music Academyで音楽を勉強していた頃の恩師。双子がジャズを極めようと思ったきっかけの一人です。数年前に慶子さんがメンフィスにツアーで訪れた際にカークさんに紹介されて以来、すっかりファンになりました。

    音楽が素晴らしいのはもちろんですが、その人となりが超おもしろい!

    「私、ジャズピアニストでないです。」などという爆弾発言に、大笑い。
    特にジャズを目指したわけでなく、淡々とやりたいことをやってきたら、ジャズピアニストとして世界に認められてしまったというのが真相のようです。

    お話を聞くと、本当に努力の人だと思いました。
    音楽修行も並大抵でないと思いますが、アメリカ人の中で、日本人一人で淡々と、でも楽しそうに、ちゃんと自分の居場所を見つけてツアーしています。

    旧ソビエト圏では2002年からツアーしているそうですが、ちゃんと舗装された道路がないような小さな町でも依頼があれば出かけて人々にピアノ演奏で語りかけるそうです。
    私も旧ソビエト連邦など世界の各地に行った経験があるのでどんなに大変だったか想像してしまいました。

    「コンサートで平和な空気を増やすのが、今世のミッションだと思う。」と慶子さん。

    旧ソ連圏や東欧など、世界の各地で絶大な人気を誇る慶子さんですが、そんなひたむきな姿が人の心を打つのだろうと思います。


    DSC00318

    左から、双子のアラン、カール、カークさん、慶子さん、私

    慶子さんは、人との付き合い方にとても長けていて、他のバンドメンバーへの心配りも非常に細やか。

    楽屋で何かの話になり、私が他のバンドメンバーに「良かった」と褒めたら、「良かっただけでなく素晴らしい」と笑顔でフォロー。ちょっとだけの一緒に時間に色々と学ばせてもらいました。

    世界のトップに立つということはこういうこともできないといけないと双子に早速指南しました。

    このツアー、クリスマス前の数週間全米各地を回りますが、メンフィスでは、クレイボーン•テンプル(Clayborn Temple)という、1891年創立の教会。1960年代、歴史に残るアメリカの公民権運動の中心となった歴史的場所です。今世紀になってからは使用する人もなく廃墟になって取り壊しになりそうだったところを市民が立ち上がって再建事業を始めました。

    カークさんは思いやりがたくさんある人なので、この場所を残すことの意義を感じ、コンサートを企画したようです。

    DSC00291


    思いは通じ、この歴史的建造物は満席。一曲が終わるごとに観客は総立ちです。
    すごいコンサートでした。

    いろんな曲が上手に絡み合って飽きる暇がないままに2時間があっという間。観客参加型のシーンがあったり、いろんな工夫があって楽しく、もっと聞いていたいと思いました。

    コンサートが始まって間もなく古い建物の天井の一部が私のそばに落ちてきてびっくり。
    クレイボーン•テンプルも慶子さんたちの演奏が嬉しかったのかもしれません。



    こちらでチラッと当日の慶子さんの演奏の様子をどうぞ。




     

    カール&アランの12月の演奏イベント、スタインウェイ•サタデー(Steinway Saturday)が12月17日にあります。

    IMG_5630


    メンフィスのスタインウェイ•ピアノ•ショールームで行われる演奏会は、スタインウェイのコンサート用グランドピアノの演奏とカール&アランの伴奏が間近で聴けるプライベートなコンサート。

    そのリハーサルの様子のビデオがフェイスブック上でブレイクしています。
    こちらではユーチューブでご覧ください。

    ディスニーの映画、「白雪姫」の曲、'Someday My Prince Will Come'  です。
    アランのアレンジをお楽しみください。



     
    Alvie Givhan (piano)
    Alan Maguire (bass)
    Carl Maguire (drums) 

    音楽の街、メンフィスの音楽関係者の年末ホリデーパーティがあり、今年は私も参加しました。

    DSC00253

    会場は、メンフィスが発祥の地とされるブルースの殿堂博物館。パーティを楽しみながら、博物館も見学しました。

    DSC00240

    ブルースミュージシャンたちの楽器や写真、記念品などが展示されていますが、ブルースと日本のつながりは深く、玄界灘のはっぴも展示。ちょっとうれしくなりました。

    DSC00261

    会場は、音楽関係者でぎっしり。
    さすが音楽の街、たくさん関係者がいます。

    DSC00267

    ラッパーのAl Kapone (アル•カポーネ)を発見。日本にはまだ行ったことがないそうですが、メンフィスのヒッピホップシーンで絶大な人気を誇るラッパーで、現在は全米からヨーロッパまでツアーする人気アーティストになっています。メンフィス音楽を復活させようと頑張っている若者の一人です。

    DSC00256

    グラミー賞メンフィス支部長のジョン•ホーニャックさんにもご挨拶しました。
    メンフィスにはグラミー賞メンフィス支部があり、メンフィスやニューオリンズなど南部の州を管轄しています。アーティストの推薦をするのもこの支部の仕事で、パーティの当日はちょうど来年のグラミー賞ノミネート者の発表があった日。メンフィスのブルース歌手、Bobby Rushがブルース部門でノミネートされたと喜んでいました。
    右隣は、メンフィスのジャズシンガー、サラ(Sarah Ann Rector) 。

    色々な人に会えてとても楽しい夕べになりました。


    Memphis Blues Hall of Fame (メンフィス•ブルースの殿堂)

    Address421 S Main St, Memphis, TN 38103
    Hours: 毎日、日曜日のみ午後開館 午前10時〜午後5時




     

    ↑このページのトップヘ